スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    web拍手 by FC2

    六青みつみ 『夕陽と君の背中』 幻冬舎 2007年 … 君といつまでも

    夕陽と君の背中 (リンクスロマンス)夕陽と君の背中 (リンクスロマンス)
    (2007/03)
    六青 みつみ (挿絵:山岸 ほくと)

    商品詳細を見る

    心が張り裂けそうなほど、同級生の藍田向陽を想い続けている浅倉勇貴。地味な性格の自分とは違い、向陽の明るい性格に惹かれた勇貴だったが、拒絶されることを恐れ、ひたすら恋心を隠していた。しかし、向陽に彼女ができたかもしれないと知った勇貴は、衝撃を受け焦り始める。日に日に自分だけを見て欲しいと、欲求が募る勇貴は、少しでも可能性があればと、文化祭で女装することを思いつくのだが…。


    先日、ミスドで友人を待っていたときのこと。隣の席から「喧嘩してしまった」「早く謝ったほうがいい」「でも学校であんな云い方されたら許せない」と話し合っている声が聞こえてきたので、そちらに目をやると、制服を着た学校帰りの高校生たちが、みな今日で人生が終わりかような苦渋に満ちた顔をして話し込んでいた。

    高校生がそんな顔で相談しているなんて、いったいどんな喧嘩なのかと事情が知りたくなり、会話に聞き耳を立てていたらば、単純な喧嘩の原因が聞こえてきて「そんなに思い込まなくても…」と、つい破顔してしまった。がしかし、私には「その程度」な話でも、人間関係の大部分を学校での交友が占める10代の学生にとっては、大問題かもしれない。そう思うと、真剣に語り合っている高校生たちを笑っちゃいけない気持ちになってしまった。その後、友人がやってきたので、彼女たちがどのような結論を出したのかはわからない。

    恋する思いは止められない、でも拒絶されるのは耐えられない、気持ち悪いと思われたくない…だから思いは心に秘めておくと決めた勇貴(受)。だがあるきっかけで、向陽(攻)にバレてしまう。避けられてつらい日々を送る勇貴の前に、先輩・有馬が現れる。その甘い囁きに流されるまま、体を開いてしまう勇貴。仲が良さそうなふたりを見ると、向陽は心乱されて――という、片思いでせつない思いに駆られる受と、思いがけない受からの告白と当て馬によってようやく自分の気持ちに気づく攻の恋の行方を描いた作品。

    受の思いを攻が受け入れる形で話は進むのだが、後半に入るとそんなふたりの立場が逆転する。男同士の恋愛に正直であろうとする受と、学校でホモだと噂を流され周囲を気にしてしまう攻。相手への思いが真剣であるのは間違いないのだが、男同士の恋愛についての考え方や性格の違いから、ふたりの間にすれ違いと誤解が発生する。潔い受と違ってハッキリしない攻に、イライラさせられる人は多いかもしれない。だが高校生が同性愛に混乱するのは当然だし(逆に先輩の有馬のほうが年相応に見えず、無理がある)、男同士の恋愛に対する葛藤が真面目に描かれている作品は意外と少ないので、私は読み応えを感じた。

    攻の背中を押したのは思いがけない人からのアドバイスだったかもしれないが、決めたのは攻自身。ああ、こうやって人は成長していくのかなと思った。学校を卒業して社会に出ていっても、この絆は続くと信じるふたりに青さを感じる。だけどいまはそれでいいじゃないかと、ラストシーンを読みながら面映い気持ちになった。

    「好き」という気持ちだけでは突っ走れない、考え方が違っても互いを理解して歩み寄らねば、恋は続かない。
    ――高校時代の自分はそのことに気付いていただろうか?

    評価:★★★★(真面目な内容なので、毎回真剣に読んじゃう)
    ずいぶん前に購入して読んだので、いま感想を書くのは旬を逃しているなあ。でも六青さんの作品で高校生モノだなんて珍しいし、私は六青作品ではこれが一番好きなので感想を書いてみました☆ 山岸さんによる表紙カバー絵&挿絵も雰囲気ピッタリで素晴らしく、これまた大好きだったり。

    高校生による「同性愛の葛藤」に興味がない人には、ヒットしないかも。ただ、これほど真面目に描いている作品は少ないと思うので、ちょっとでも興味のある方はぜひ。受と攻、どちらに共感するかは人それぞれですが、私は(どちらかといえば)攻に共感しました。精神的に強いのは受のほうですね。

    ZERO STARS … 論外/問題外作
    ★ … お好きな人はどうぞ。
    ★★ … つまらない。
    ★★★ … 退屈しない。なかなか面白い。
    ★★★★ … とても面白い。佳作/秀作。エクセレント。
    ★★★★★ … 天晴れ。傑作。ブリリアント。

    「オススメ作品」は基本的に★★★☆以上。
    「絶対オススメしておきたい作品」には@RECOMMEND@マークがつきます。
    性格上の理由から、★評価は厳しくなりがちなので、★5つ作品はあまり出ないと思います。

    *2010年3月11日に書いた感想を加筆修正
    web拍手 by FC2

    Leave a comment

    Private :

    Comments

    -
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    05 07
    プロフィール

    秋林 瑞佳

    Author:秋林 瑞佳
    「あきりん・みずか」と読みます。
    (BLCD感想はジョセフィーヌ秋太夫が担当)

    風来のネットサーファーにして、
    ハンパない映画ギーク。
    そしてなにかと悩める電脳仔羊。

    気の向くまま、
    ネット場末で人知れず更新中の、
    BL感想&レビューブログです。

    >>ネタバレ上等<<
    なので、お気をつけ下さーい!

    リンクはご自由にどうぞ♪

    コメント欄にはURLが貼れません。
    (スパム回避のためです…)
    もしURLのご連絡がございましたら、
    お手数をおかけ致しますが
    メールフォームにてご一報下さい。

    ★ご注意★
    ネタバレ回避でテキストを折ることは(ほとんど)ありません。

    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム
    リンク
    QRコード
    QR
    QLOOKアクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。