スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    web拍手 by FC2

    「透過性恋愛装置」 インターコミュニケーションズ 2008年 … ビックリ乙女

    透過性恋愛装置透過性恋愛装置
    (2008/03/25)
    ドラマCD鈴木達央

    商品詳細を見る

    原作:『透過性恋愛装置』 かわい有美子 笠原出版社 2007年 
    出演者:安元洋貴(牧田)×鈴木達央(北嶋)、保村真(滝乃)、谷山紀章 (水端)、ほか
    作品選択基準(どうして聴こうと思ったか?):
    3. 気になる声優さんが気になる役で出演しているから

    若手建築士として注目を浴び、己れのルックスにも自信を持っていた北嶋は、とあるコンペでホテルマンの牧田と出会う。その落ちついて控えめな物腰を軽んじ、コンペで最優秀賞を逃したことで牧田にいちゃもんをつける北嶋だったが、常に大人の余裕を持つ牧田に諫められ高慢な鼻をへし折られてしまう。それをきっかけに牧田の人間性に触れ、恋に落ちてしまった北嶋は、思い付く限りの策を弄するのだったが…。


    「好き嫌いは別にして、鈴木達央さんの乙女喘ぎは一度ちゃんと聴いておくべき」ということで、頂いた鈴木達さん主演作「透過性恋愛装置」をチョイス、聞耳。

    挫折を知らないワカゾー北嶋のハイパー自己中にビックリ。その空気をまったく読めてない言動と所業ぶりには開いた口が塞がらなかったが、ある意味、正直な男といえるだろう。いっそ清々しい。ところが牧田に恋をした途端、今度は怒涛の乙女化。「誰かコイツの暴走を止めてくれ!」と白腹を揚げそうになったのは、鈴木達さんの演技が真に迫っていて素晴らしかったからだろう。

    前半の高慢ちきな北嶋にイラっとする人は多いと思う。こういう奴は、周りがすでに「こんなヤツだから仕方ねーな」と分っていて、どう付き合えばいいか学習済であることが多い。北嶋の同僚や上司、そして友人たちは北嶋と上手く付き合ってるなあ、脇キャストもそういう演技をしているななと唸りながら聴いた。

    魅惑の低音ボイスを持つ牧田を演じたのは、安元さん。原作ではとても36歳に思えなかった牧田だったが、安元さんの声で聞くとその年代だと感じる。イメージ通りかどうかは人それぞれだとしても、今まで私が聞いてきた安元さんは20代の設定が多かったので、こういう大人っぽい優しい声を出せる人なんだと勉強になった。

    多少エピソードは削られているが、原作通りの話と展開本だったので、原作好きな人には大満足の1枚だと思う。ただ私には…ドラマCDで聴いても「牧田→北嶋」が突然に感じられてピンとこなかった。そしてエロが甘過ぎた…。鈴木達さんの喘ぎはたしかに原作通りなのだが、アンアン連発とそれに続く牧田のこっ恥ずかしいセリフを聴いていると、どーにもこっちが恥ずかしくなってしまう。居た堪れなくなりiPodを止めることしばしば、最終トラックを聴き終えるまで3日かかってしまった。

    北嶋はハイパー自己中から暴走乙女、牧田は一気に激甘エロ化――ギャップを楽しむ作品なのかもしれない。

    評価:★★★★(鈴木達さんに★をすべて捧げる)
    好み:★★★☆(iPod停止率の高いドラマCDだったなー)

    ドラマCDでも、感想は原作を読んだときとまったく同じ。最終的に甘くなる話がお好きな人、鈴木達央さんに興味のあるorお好きな人にオススメの1枚…かな?

    ZERO STARS … 論外/問題外作
    ★ … お好きな人はどうぞ。
    ★★ … つまらない。
    ★★★ … 退屈しない。なかなか面白い。
    ★★★★ … とても面白い。佳作/秀作。エクセレント。
    ★★★★★ … 天晴れ。傑作。ブリリアント。

    「オススメ作品」は基本的に★★★☆以上。
    「絶対オススメしておきたい作品」には@RECOMMEND@マークがつきます。

    *2010年4月27日に書いた感想を加筆修正
    関連記事
    web拍手 by FC2

    Leave a comment

    Private :

    Comments

    -
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    03 05
    プロフィール

    秋林 瑞佳

    Author:秋林 瑞佳
    「あきりん・みずか」と読みます。
    (BLCD感想はジョセフィーヌ秋太夫が担当)

    風来のネットサーファーにして、
    ハンパない映画ギーク。
    そしてなにかと悩める電脳仔羊。

    気の向くまま、
    ネット場末で人知れず更新中の、
    BL感想&レビューブログです。

    >>ネタバレ上等<<
    なので、お気をつけ下さーい!

    リンクはご自由にどうぞ♪

    コメント欄にはURLが貼れません。
    (スパム回避のためです…)
    もしURLのご連絡がございましたら、
    お手数をおかけ致しますが
    メールフォームにてご一報下さい。

    ★ご注意★
    ネタバレ回避でテキストを折ることは(ほとんど)ありません。

    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム
    リンク
    QRコード
    QR
    QLOOKアクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。