スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    web拍手 by FC2

    谷崎泉 『しあわせにできる 11』 二見書房 2006年 … 道の曲がり角へ

    しあわせにできる〈11〉 (二見シャレード文庫) (二見シャレード文庫)しあわせにできる〈11〉 (二見シャレード文庫) (二見シャレード文庫)
    (2006/12/22)
    谷崎 泉

    商品詳細を見る

    問題児だった新入社員・東郷の信頼を得て、ますます3課の尊敬の眼差しを集める本田だったが、プライベートでは久遠寺を訪ねてきた薮内の存在が気にかかっている。漏れ聞こえてくる過去の二人の確執、重病説…。その久遠寺には異動・転勤の正式な辞令が下るが、固辞したことで社内の立場が微妙なものに。人生の岐路に立った恋人に本田ができることはただひとつ「好きだ」と想いを伝えること…。一方、徳永から託された絵を静香に見せた本田は、彼女と訪れた「蘭月」でついに主人との浅からぬ関わりを知る。過去の苦い出来事があたたかな縁となり、すべてを優しく包んでいく―。シリーズ第11弾、書き下ろしは徳永家の令嬢・深雪の、かなり悩ましい父兄参加イベント。


    なるほど、そういうことだったのか…と新キャラを巡るいくつかの謎が解かれ、殿と本田そして建材3課の今後が示唆された11巻。

    サラリーマンをやってれば異動や転勤はつきもの。比較的大きな組織の会社にいた私も、いろんな人たちが異動していくさまを見てきた。とくに一握りであるエリートは、あからさまな異動ぶり。あんなに憎憎しく思っていたのに、大きなプロジェクトを一緒にしているうちに「コイツは意外と面白い」「他の奴ではこう上手くはいかないんじゃないか」と気がつき、共通の友人交えて大笑いしながら食事をする仲になっていた…のに、ヤツは来年4月に海外転勤するという。異動先は花の北米支社。「ああ、やっぱり彼は同期の中でもエリートのトップなんだなー」と、夜9時を過ぎたオフィスのリフレッシュルームで、共通の友人(部署は違ったが彼もエリートだった。30代に入って独立)と語り合ったもんである…と、そんな個人的な思い出話は横に置いて。

    やっぱり殿は将来を約束されたエリート、なんと海外転勤を命じられる。

    殿の様子がヘンだったのは、本田と離れたくないからと辞令を固辞すれば、社内的に立場が悪くなってしまうと悩んでいたからで、いくら久遠寺の坊ちゃんだろうと、会社組織のヒエラルキーに属するひとりのサラリーマンに過ぎなかった。そしてそんな殿を支える本田――9巻の感想で「もう本田はひとりじゃない、以前と違って理解し相談し合えるパートナーがいるんだな」と書いたが、それは殿にもいえること。殿には本田がいる。強引で我関せず、天上天下唯我独尊で弱みを見せない殿だったが、本田と出会って確実に変わった。

    11巻に出てくる私の好きな一節が、それを物語っている。
    (以下、本編を引用)

    以前だったら本田を押し流して引き止めるのは自分の方だったのに、つい、いろんなことを考えてしまった。各務との約束、明日は仕事である本田の体調。いつの間にか、本田の生真面目さが伝染ってきているかもしれないなんて思って、まだ暖かいシーツに頬をつけて苦笑した。


    辞令を固辞、さらに薮内の秘密を知った殿が考えて下した決断とは。
    道の曲がり角、人生の岐路に立たされたふたり――次はとうとう最終巻。人生は続いてもストーリーはフィナーレを迎える。

    評価:★★★★☆(谷崎さんは本田と殿が愛しいんだろうなあ。半星はジャージ姿を見せてくれた映に)
    書き下ろし「令嬢のしあわせ」で大笑い。映、相変わらず汚ったねー!あんな父親を持つと反面教師になるのか、初登場の息子・蒼はとてもマジメな好青年という感じ。蒼はホモじゃないのだろうか?…いっそのこと和哉とどうにかなるってのは?…って、3巻の感想で「このシリーズで好感を持てるのは、気が付けば主人公の周りはホモばかりという図式にならないところ」と書いたくせに!

    ホモといえば。この11巻で昴が再登場しているんだけども、昴って独身なの?(40過ぎだよね?)…奥さんや子供がいるとは書かれてないような?誰か教えて下さーい!…もし昴が独身で、結婚できない男となってしまったのならば、その原因を作ったのはやっぱ殿?…そうだったら、そりゃー10年経ったって許せないかもしれないなあ。「私を差し置いてしあわせになるだと?しかも相手は男だ~!?」…まだ高校生だった弟に女寝取られ、10年経ってみりゃ弟は男に夢中。そりゃプライドがミジンコになるよね。お気の毒。

    ■判明しました!「昴は既婚」
    由木さんから情報を頂きました(うわ〜ん!ありがとうございます〜!)。昴は「既婚で子供はいない」という設定だそうです。そっかそっか。昴、結婚してたのか。打算で結婚してなきゃいいけど。結婚してるくせに、まだ根に持ってるなんざ暗いヤツめ、松下由樹に石田純一を奪われても立ち直った今井美樹を見習え!(出典:内館牧子『想い出にかわるまで』)…こうなりゃ本田&殿の援護射撃で密告だ!奥さーん!旦那さん、男に睡眠薬飲ませて裸に剥いて、「ナインハーフ」ごっこしてチューまでしたヘンタイですよーっ!いいんですかーっ!?


    ZERO STARS … 論外/問題外作
    ★ … お好きな人はどうぞ。
    ★★ … つまらない。
    ★★★ … 退屈しない。なかなか面白い。
    ★★★★ … とても面白い。佳作/秀作。エクセレント。
    ★★★★★ … 天晴れ。傑作。ブリリアント。

    「オススメ作品」は基本的に★★★☆以上。
    「絶対オススメしておきたい作品」には@RECOMMEND@マークがつきます。
    性格上の理由から、★評価は厳しくなりがちなので、★5つ作品はあまり出ないと思います。

    *2007年9月27日に書いた感想を大幅改稿

    関連記事
    web拍手 by FC2

    Leave a comment

    Private :

    Comments

    -
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    09 11
    プロフィール

    秋林 瑞佳

    Author:秋林 瑞佳
    「あきりん・みずか」と読みます。
    (BLCD感想はジョセフィーヌ秋太夫が担当)

    風来のネットサーファーにして、
    ハンパない映画ギーク。
    そしてなにかと悩める電脳仔羊。

    気の向くまま、
    ネット場末で人知れず更新中の、
    BL感想&レビューブログです。

    >>ネタバレ上等<<
    なので、お気をつけ下さーい!

    リンクはご自由にどうぞ♪

    コメント欄にはURLが貼れません。
    (スパム回避のためです…)
    もしURLのご連絡がございましたら、
    お手数をおかけ致しますが
    メールフォームにてご一報下さい。

    ★ご注意★
    ネタバレ回避でテキストを折ることは(ほとんど)ありません。

    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム
    リンク
    QRコード
    QR
    QLOOKアクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。