スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    web拍手 by FC2

    英田サキ 『SIMPLEX DEADLOCK外伝』 徳間書店 2008年 … 横恋慕から事件簿へ

    SIMPLEX DEADLOCK外伝 (キャラ文庫 あ 4-4)SIMPLEX DEADLOCK外伝 (キャラ文庫 あ 4-4)
    (2008/11/22)
    英田サキ (挿絵:高階 佑)

    商品詳細を見る

    犯罪心理学者ロブの誕生日パーティに届いた謎の贈り物。送り主はなんと、かつて全米を震撼させた連続殺人鬼を名乗っていた―!!ロブの警護を志願したのは、金髪の怜悧な美貌のボディガード・ヨシュア。すこぶる有能だが愛想のない青年は、どうやら殺人鬼に遺恨があるらしい!?危険と隣合わせの日々を送るうち、彼への興味を煽られるロブだが…『DEADLOCK』シリーズ待望の番外編。


    昨年完結した『デッドなんちゃら』シリーズ本編では、主人公ユウトの「FBI捜査官としてキミどうよ?」な仕事ぶりに閉口したり、ディックとの熱いアモーレぶりで1年分の砂を吐かされたりと、それはそれでそれなりに楽しかったが、私の心のフックに常に引っ掛かっていたのは、登場した時点ですでに負け決定!な横恋慕をかましたことで見事玉砕してしまったロブ・コナーズ教授だった。教授のキャプション長すぎです!>秋林さん あのジェイムズ・マースデンを髣髴とさせる当て馬ぶり。「教授、もっとステキな人が現れるわ…だから頑張って!」と何度応援したことか。そしたら、そんな教授を主人公に据えた外伝が出た。

    ネットでポチらずリアル本屋でゲットしたくらい、教授の新しいラブの行方と結末が気になってしょーがなかったのだが、この『外伝』――ちょっとした「ロブ教授の事件簿」になっていた。BLでサスペンス/ミステリーというと「なんちゃって事件簿」的作品が多く、ラブが重視されるので突然事件が解決したりしてしまうのだが、この作品は主人公である教授に起因する犯罪が起きる→教授が自身の性格や特性を活かして活躍→キレイなケリという流れがしっかりしていて、英田作品は他の「なんちゃって事件簿」よりランクが上になるなあと感じられる出来になっていた。

    耳切り魔という米国らしさのある猟奇犯と対決する「SIMPLEX」。
    教授の性格がよく出たネゴシエイトに面白さが感じられた「DUPLEX」。

    どちらも面白かったのに――ラブ面はというと…なんだか「それでいいの?」という印象。

    なんでかなと思って何回か読み直したのだが…たぶん――教授が譲歩しすぎ、優しすぎるのだと思う。人間出来すぎなんだ教授は(ネトも)。教授がいままで「いい人」で終わってた理由がよくわかる。

    そんな教授の前に現れた、少年鉄仮面伝説な人生を送ってきたヨシュア。恋の駆け引きをしても彼が相手だと上手くはいかない。さあどうする教授?――というあたりを描きたかったのだろうが、ヨシュアがあまり動かないし、最後までぎこちない。ぎこちないふたりを描いてるとしてもモタつく。ぎこちなさの解消のためか、最後に「実は面識があったんですよ~」というエピソードがつけられていたのだが、なんだか取ってつけたようで余計に苦しさを感じる。ヨシュアが海千山千な教授をキリキリさせるようなキャラだったら、面白かったかもしれない。あとがきにあった「口の悪い、皮肉な毒舌家」という初期設定ヨシュアのほうが良かったように思えた。

    事件簿としてけっこう面白いし、「デッドなんちゃら」シリーズの主要キャラがほぼ全員出てくるのでファンにはオススメできる作品といえる。でもこのカップルでいいのかな?…新しい恋で幸せになってもらいたいのに、ついそんなことを考えてしまった。個人的に軽いしこりが残った作品。

    評価:★★★☆(外伝のユウト、刑事になっても有能には思えない…)
    LAPDは、マジで教授を雇ったほうがいい。

    西洋人と話していると、対人関係においてユーモアがいかに重要であるか、本当に思い知らされる。なので、なんでも真面目に受け取ってしまいがちでユーモアがあまり通じないヨシュアが、他人と上手くコミュニケートできないと悩むのはよくわかるなあ。

    ZERO STARS … 論外/問題外作
    ★ … お好きな人はどうぞ。
    ★★ … つまらない。
    ★★★ … 退屈しない。なかなか面白い。
    ★★★★ … とても面白い。佳作/秀作。エクセレント。
    ★★★★★ … 天晴れ。傑作。ブリリアント。

    「オススメ作品」は基本的に★★★☆以上。
    「絶対オススメしておきたい作品」には@RECOMMEND@マークがつきます。
    性格上の理由から、★評価は厳しくなりがちなので、★5つ作品はあまり出ないと思います。


    *2008年12月7日に書いた感想を加筆修正
    関連記事
    web拍手 by FC2

    Leave a comment

    Private :

    Comments

    -
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    03 05
    プロフィール

    秋林 瑞佳

    Author:秋林 瑞佳
    「あきりん・みずか」と読みます。
    (BLCD感想はジョセフィーヌ秋太夫が担当)

    風来のネットサーファーにして、
    ハンパない映画ギーク。
    そしてなにかと悩める電脳仔羊。

    気の向くまま、
    ネット場末で人知れず更新中の、
    BL感想&レビューブログです。

    >>ネタバレ上等<<
    なので、お気をつけ下さーい!

    リンクはご自由にどうぞ♪

    コメント欄にはURLが貼れません。
    (スパム回避のためです…)
    もしURLのご連絡がございましたら、
    お手数をおかけ致しますが
    メールフォームにてご一報下さい。

    ★ご注意★
    ネタバレ回避でテキストを折ることは(ほとんど)ありません。

    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム
    リンク
    QRコード
    QR
    QLOOKアクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。