スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    web拍手 by FC2

    日高ショーコ 『憂鬱な朝 4』 徳間書店 2012年 … クライマックスへ

    憂鬱な朝 4 (キャラコミックス)憂鬱な朝 4 (キャラコミックス)
    (2012/07/25)
    日高 ショーコ

    商品詳細を見る

    桂木の出生の秘密が知れることとなり、暁人は久世家の陞爵と桂木への叙爵のために住処を借り、桂木は外から暁人を支えるべく久世家を出て石崎家へ入り、ふたりは距離を置き始めた。ところが暁人の親友・総一郎の「お前のせいで久世は愚行を」という言葉から、桂木は暁人がなにか企んでいると察知、暁人のもとへと向かう。不意に訪れた桂木に暁人は「もうお前しか好きになれないんだ」と真情を吐露、そして叙爵への驚くべき画策を告げる。そんな暁人に対し桂木は――華族という特権階級の檻に囚われ、時代の波に翻弄される若き子爵と家令の恋の行方を描いたクラシカルロマン第4巻。

    久世家先々代の庶子という事実により、桂木が久世家を叙爵できる可能性が高くなり、暁人は脅しに近い形で陞爵とともにそれを実現しようとする。あの心やさしい暁人が森山侯爵を脅迫――なぜそれほどまでに?…暁人の心の中は「桂木のためにできること」=「陞爵と叙爵」で占められているから。でも本当に欲しいのはたったひとつ、桂木からの愛だけ。

    「久世家のために」といいながら、いずれは自分が取って代わろうと考えていた桂木。そんな彼が暁人から真摯な愛をぶつけられて、少しずつ変わっていく。自分には居場所がない――本当に?…与えてくれる人がいるのに、気づいていない、いや気づかないふりをしていただけではないのか?…桂木は決意を新たにする。

    いったん離れたことによって、相手がよく見えたのだと思う。また、暁人の友人・総一郎の存在が大きく、1巻から続く彼の口添えによってふたりの距離はずいぶんと縮まったように思える。

    建て前と本音の使い分けたり、云いたいことがあってもぐっと堪えたり、目線だったり態度だったりで場が語られる――この作品では、そういったとても日本人的なキャラによる「察してもらう」手法で物語が展開していくので、キャラクターの感情が爆発するような場面では、目も心も強く引きつけられる。そして感情がぶつかり合った後に訪れるラブシーンは、行為も内面も激しいはずなのにどこか静寂さがあり、ふたりの心と体の裏腹さ、そうならざるを得ないという状況の複雑さがドラマチックかつリアルに伝わってきて、読んでいるととてもせつなくなる。そのまま次巻へと続くのかな?とぼんやり思っていたら――最後の最後、大クライマックスが待っていた。桂木が暁人に向けて云った言葉、伝えた思い――「あの桂木が!」…これで胸が熱くならないわけがない。

    久世家の次代当主を巡って新たな展開、それは?――5巻へ。

    @RECOMMEND@
    評価:★★★★★(…やっぱ一度「引いて」正解でしたね☆)
    総一郎くんは読み手の代弁者かな。そして彼が出てくると、ホント清々しい気持ちになります…顔はけっこうイカツイけど。

    単行本化にあたり、日高さんは「描き直しページが多くて~」というコメントをよくされます。雑誌掲載を追っかけていない私には「???」だったんですけど、たまたま4巻収録の「scene.16」を雑誌掲載時に読みまして、ちょっと驚きました。そんな読んでいられないほどヒドイわけじゃないんですよ、それなのにここまで描き直しする…とゆーか、描き込んでくるなんて!…なんだかちょっとお得な気分☆

    ZERO STARS … 論外/問題外作
    ★ … お好きな人はどうぞ。
    ★★ … つまらない。
    ★★★ … 退屈しない。なかなか面白い。
    ★★★★ … とても面白い。佳作/秀作。エクセレント。
    ★★★★★ … 天晴れ。傑作。ブリリアント。

    「オススメ作品」は基本的に★★★☆以上。
    「絶対オススメしておきたい作品」には@RECOMMEND@マークがつきます。
    性格上の理由から、★評価は厳しくなりがちなので、★5つ作品はあまり出ないと思います。

    関連記事
    web拍手 by FC2

    Leave a comment

    Private :

    Comments

    -
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    05 07
    プロフィール

    秋林 瑞佳

    Author:秋林 瑞佳
    「あきりん・みずか」と読みます。
    (BLCD感想はジョセフィーヌ秋太夫が担当)

    風来のネットサーファーにして、
    ハンパない映画ギーク。
    そしてなにかと悩める電脳仔羊。

    気の向くまま、
    ネット場末で人知れず更新中の、
    BL感想&レビューブログです。

    >>ネタバレ上等<<
    なので、お気をつけ下さーい!

    リンクはご自由にどうぞ♪

    コメント欄にはURLが貼れません。
    (スパム回避のためです…)
    もしURLのご連絡がございましたら、
    お手数をおかけ致しますが
    メールフォームにてご一報下さい。

    ★ご注意★
    ネタバレ回避でテキストを折ることは(ほとんど)ありません。

    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム
    リンク
    QRコード
    QR
    QLOOKアクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。