スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    web拍手 by FC2

    木原音瀬 『美しいこと(下)』 蒼竜社 2008年 … 愛しさに気づいて

    美しいこと(下)  (Holly NOVELS)美しいこと(下) (Holly NOVELS)
    (2008/01/29)
    木原 音瀬

    商品詳細を見る

    恋した相手は男だった、あんなに外見も性格も美しい人が女性じゃないなんて――松岡から真実を告げられても「江藤葉子」と「松岡洋介」が重ならない寛末。気持ちに折り合いがつかないまま、松岡と付き合い始めるが、会社でリストラされ再就職活動がことごとく失敗するという憂き目に遭ってしまう。松岡は仕事ができて趣味はいいし、お洒落で人気者――そんな彼がなぜ情けない自分に好意を持っているのだろう?一緒にいるのは楽しいけれど間が持たない、どう応じていいのかわからない。だからやっぱり無理だ、付き合えない――寛末は松岡に別れを切り出して田舎の実家へ戻る。だがそこで思い出すのは松岡のことだった。数ヶ月後、元同僚の結婚式で松岡と再会。ところが彼はそっけない態度を取ってきて――と下巻では寛末視点でストーリーが展開していく。

    木原作品は途中で受と攻の視点が入れ替わることが多く、この作品でも下巻から寛末視点になる(正確にいえば、下巻で章が変わってから)。寛末は、彼なりのゆっくりとしたペースで松岡への気持ちをひとつずつ確認していこうとする。だがいつも結論を決めかねた云い方になってしまうため、何度も絶頂とどん底を往復させられている松岡は、寛末の言葉をなかなか信じることができない。松岡に限らず誰だってそうだろう、何度も傷つきたくはないのだから。

    成功にしている松岡とは違い、いずれ無職になってしまう自分――ダメなときはなにをやってもダメなもの、そういうときは卑屈になりがちで、寛末は松岡の配慮された親切心ですら気にさわってしまう。結局、いったん距離と時間を置くことによって、寛末は松岡のことを落ち着いて考えられるようになるのだが、数ヶ月後に再会してみると、当の松岡は変わっていた。なんで自分にそっけない態度を取るのだろう?―松岡は必死に寛末を忘れようしているからだと読み手にはわかる、でも寛末は松岡本人から云われないと気づかない。松岡はまたつらい思いをする。ただ時間と距離は決して無駄ではなく、寛末の目に「江藤葉子」ではない「松岡洋介」が映り始めていた――それは遅いかもしれない、人によってはイライラさせられるかもしれない、でも時間がかかる場合だってあるだろうと私は思う。とくに寛末のような不器用な男ならば。

    松岡が愛しいと気づいてからの寛末はびっくりするほど大胆になるので、正直云えば少し呆れてしまったのだが、いったんそうなってしまえば、寛末は真摯に付き合ってくれる相手だろう。今度は松岡が素直になる番。今までのことを思えばそれはまだちょっと難しいかもしれない、でもそれだって時間をかけていいはず。

    大変な紆余曲折を経てようやく結ばれたふたり。彼らの幸せが末長く続くことを願う。

    @RECOMMEND@
    評価:★★★★☆(松岡の一途さと健気さに、寛末は一生かけて感謝すべし!べし!べし!べし!)
    日高さんが手掛ける下巻表紙の絵――靴に大コーフン!なんて素晴らしい、この質感!ブラボー!
    …と云ったら「相変わらず靴に萌える人ですね」と押尾(仮)。トム・フォードの男性靴、バンザーイ!

    昨今流行りの小冊子企画がこの作品でもありました。応募の際に巻末の申込用紙を切り取らなくてはいけなくて…人によってはものすっごい抵抗があるだろうなあと思いつつ、チョキチョキ。この作品を読み返すたびにその切り取った跡が指に引っかかり、作品への感動や当時の思い出が蘇ってきます。本の傷として悔やむことはなく…どうやら「切り取ってまで申込をした」思い出が私をせつなくさせるようです。付けざるを得なかった傷を愛おしむというか。でも本格的に電子書籍に移行すれば、そんな気持ちになることもなくなるのでしょうね。

    ZERO STARS … 論外/問題外作
    ★ … お好きな人はどうぞ。
    ★★ … つまらない。
    ★★★ … 退屈しない。なかなか面白い。
    ★★★★ … とても面白い。佳作/秀作。エクセレント。
    ★★★★★ … 天晴れ。傑作。ブリリアント。

    「オススメ作品」は基本的に★★★☆以上。
    「絶対オススメしておきたい作品」には@RECOMMEND@マークがつきます。
    性格上の理由から、★評価は厳しくなりがちなので、★5つ作品はあまり出ないと思います。

    寛末にイライラしてムカついた人が多いと聞いてナルホドと思ったけれど、この作品ってふたりをとっても平等に描いていると思う。どちらにもどちらにとってのやんごとなき事情がある――それは尊重されたっていいんじゃないかしら?

    サブキャラクターに(ふたりの恋愛にとって)都合のいい人が一切いなかったので、リアルさがありました。こんな人っているよな~って。配慮できる人もいれば、ものすっごい勝手な人もいる――コノハーラさんの作品を読むといつもそんな当たり前のことを思います。

    関連記事
    web拍手 by FC2

    Leave a comment

    Private :

    Comments

    -
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    07 09
    プロフィール

    秋林 瑞佳

    Author:秋林 瑞佳
    「あきりん・みずか」と読みます。
    (BLCD感想はジョセフィーヌ秋太夫が担当)

    風来のネットサーファーにして、
    ハンパない映画ギーク。
    そしてなにかと悩める電脳仔羊。

    気の向くまま、
    ネット場末で人知れず更新中の、
    BL感想&レビューブログです。

    >>ネタバレ上等<<
    なので、お気をつけ下さーい!

    リンクはご自由にどうぞ♪

    コメント欄にはURLが貼れません。
    (スパム回避のためです…)
    もしURLのご連絡がございましたら、
    お手数をおかけ致しますが
    メールフォームにてご一報下さい。

    ★ご注意★
    ネタバレ回避でテキストを折ることは(ほとんど)ありません。

    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム
    リンク
    QRコード
    QR
    QLOOKアクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。