スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    web拍手 by FC2

    ウェルカム!新人さん 2011

    ■【小説部門】期待の新星2011
    なんか、淫魔に憑かれちゃったんですけど (二見書房 シャレード文庫)なんか、淫魔に憑かれちゃったんですけど (二見書房 シャレード文庫)
    (2011/03/23)
    松雪 奈々

    商品詳細を見る

    タイトルがコレで反則気味とはいえ(わははー☆)、設定がキワモノっぽく見えて実は定番のノリがあり、「3日にあげず同性と性行為に及ばなければ、死んでしまう」という実にBL的な(嬉しい)バカバカしさに感動しました。個性的な作家か?と訊かれればさほどそうは思わないと現時点では回答しますが、とても読みやすかったし、デビュー作でゲラゲラと笑わせてくれたことがなにより素晴らしい!ということで、松雪奈々さんを2011年の新星に。

    その他、宮緒葵さん(『堕つればもろとも』)、橘りたかさん(『そして世界は色づいた 』)、夏乃穂足さん(『ブルームーン、ブルー 』)、初津輪さん(『きみが教えてくれた』)、野坂花流さん(『親友以上』)、ひのもとうみさん(『遠くにいる人』)、高原いちかさん(『旗と翼』)、さとみちるさん(『日月星、それからふたり』)…以上の方々の作品を読みました(思い出せる限り)。

    個性面でピカイチだったのは宮緒さん。荒削りだけど、読んで欲しいという気持ちがビシバシ伝わってきました。ただ「なぜ時が戻ったのか?」の謎を端折ってのエンドがいかにも「キャラ優先だから」というエクスキューズに思えて構成力に欠けたこと、弁士風な地の文に色気がないことが気になります。3冊目以降、著作を手に取ることはあまりないかな。ひのもとさんは、「こういう内容と心理描写が今好まれている」という旬の作品を書いてきた作家という感じ。路線的には凪良ゆうさんや西江彩夏さんタイプだと思うので、このままいけば高値安定株作家になりそう。個人的には…好みの設定の作品を書いてくれば、今後の著作も手に取るかもしれないかな、という感じです。

    新人発掘レーベル別総評として、シャレードは面白い新人を出してきたな、SHYは新人さんの「2冊目」を出すことにようやく本腰を入れたか、リブレは萌え重視はいいんだけど基礎力が欲しい、ディアプラスは低調だったなー…というところです。

    さて2012年はどうなるでしょう?

    ■【コミック部門】期待の新星2011
    カラダめあてで悪いか (ミリオンコミックス/Hertzシリーズ100)カラダめあてで悪いか (ミリオンコミックス/Hertzシリーズ100)
    (2011/06/30)
    湖水 きよ

    商品詳細を見る

    2011年は2010年とは逆に、コミックのほうが「この人!」という新人さんが現れなかったなという印象を受けたのは、私のアンテナ張り不足だったように思えます。反省。

    そんな中で、2011年の新星に選んだのは湖水きよさん。
    (感想は→こちら

    表紙や絵柄からオシャレスノッブ系に思われそうな感じではありますが、意外や読みやすいです。例えて云うなら話は「スッキリとしたえすとえむさん」という雰囲気があり、絵は「『sweet pool』を描くと映えそう」。内容的にBLメインストリームとはいえないので、評価も好みも分かれると思います。ただ2冊目以降も期待できる新人さんだと私は感じました。

    2012年はコミックの新人さんを大いに期待したいと思います。
    関連記事
    web拍手 by FC2

    Leave a comment

    Private :

    Comments

    新人さんはあまり積極的に開拓する方じゃないんですが、
    松雪さん、宮緒さん、夏乃さん、ひのもとさん、高原さんは読みました。

    私もNO.1は松雪さんです。淫魔はすごく面白かった。
    ただ、2作目、3作目とだんだんパワーダウンしてるのが気になります。
    3月には淫魔の続編がでるらしいので楽しみです。

    宮緒さんも萌えはあってけど、
    >「なぜ時が戻ったのか?」の謎を端折ってのエンド
    ここが私も引っ掛かりました。
    この人は、むしろ2作目の方が私は好きかな。

    ひのもとさんもデビュー作は好きなタイプの作品でした。
    2作目、ちょっとパワーダウンしたかな?って感じですが、期待値はあるので3作目も買います。

    毎年、期待できる新人さんがでますけど、「デビュー作が頂点だった」って人も多いので、クオリティを維持していくのは大変難しいことですね・・・。
    Posted at 2012.01.19 (11:41) by みずほ (URL) | [編集]
    > 新人さんはあまり積極的に開拓する方じゃないんですが、
    > 松雪さん、宮緒さん、夏乃さん、ひのもとさん、高原さんは読みました。

    私の場合、面白くても面白くなくても印象に残った新人さんがいると嬉しいので、できるだけ読もうと思っているのですが、なっかなかリストアップできないという感じです。

    > 私もNO.1は松雪さんです。淫魔はすごく面白かった。
    > ただ、2作目、3作目とだんだんパワーダウンしてるのが気になります。
    > 3月には淫魔の続編がでるらしいので楽しみです。

    ホントですか!?<続編
    リストにアップしておこう☆情報、ありがとうございます!

    > 宮緒さんも萌えはあってけど、
    > >「なぜ時が戻ったのか?」の謎を端折ってのエンド
    > ここが私も引っ掛かりました。
    > この人は、むしろ2作目の方が私は好きかな。

    たしか…大賞じゃなく編集長賞といったような特別賞を獲っていた覚えがあって、じゃあ読んでみようかなと思ったのです<1作目
    読んでみたら、ああナルホド、私がそのレーベルの編集長でも「大賞はあげられない、でもこれは気になる!」という作品だなと思いました。引っ掛かったのは、文庫化するにあたり、編集側が謎を明らかにするよう指示(とゆーか依頼)を作家側にできただろうにしなかったこと。「読み手の面白さは『キャラで決まる』」みたいな評を書いている(それも実際その通りではあるのですが)レーベルなので、「じゃあなんだ、アナタのとこは話の根幹よりもなにがなんでも萌えとキャラが優先かい!」とムカついたというか…今回はいいけど二度同じことやるなよ!と思ったのでした。

    > ひのもとさんもデビュー作は好きなタイプの作品でした。
    > 2作目、ちょっとパワーダウンしたかな?って感じですが、期待値はあるので3作目も買います。

    出身が同じなので、個人的に応援しています。

    > 毎年、期待できる新人さんがでますけど、「デビュー作が頂点だった」って人も多いので、クオリティを維持していくのは大変難しいことですね・・・。
    わかります、それ。一番いいのは「デビュー作はそこそこ面白かった→だんだん実力をつけてきた→一気にブレイク」という…最近だったら凪良さんのような感じの売れ方でしょうか。
    Posted at 2012.01.19 (22:25) by 秋林 瑞佳 (URL) | [編集]
    -
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    03 05
    プロフィール

    秋林 瑞佳

    Author:秋林 瑞佳
    「あきりん・みずか」と読みます。
    (BLCD感想はジョセフィーヌ秋太夫が担当)

    風来のネットサーファーにして、
    ハンパない映画ギーク。
    そしてなにかと悩める電脳仔羊。

    気の向くまま、
    ネット場末で人知れず更新中の、
    BL感想&レビューブログです。

    >>ネタバレ上等<<
    なので、お気をつけ下さーい!

    リンクはご自由にどうぞ♪

    コメント欄にはURLが貼れません。
    (スパム回避のためです…)
    もしURLのご連絡がございましたら、
    お手数をおかけ致しますが
    メールフォームにてご一報下さい。

    ★ご注意★
    ネタバレ回避でテキストを折ることは(ほとんど)ありません。

    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム
    リンク
    QRコード
    QR
    QLOOKアクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。