スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    web拍手 by FC2

    竹内佐千子「死ぬまでBL・死んでもBL」 / 宇野ジニア「隣は何をする人ぞ」 / ZIN「透黒」 『ダメBL』 ブックマン社 2011年

    ダメBLダメBL
    (2011/11/25)
    雲田はるこ、もろづみすみとも、えすとえむ他

    商品詳細を見る

    ■「死ぬまでBL・死んでもBL」竹内佐千子
    竹内佐千子が萌えるシチュを語り、それをコミック化して欲しいと他作家に依頼するが、ことごとくダメ出しされるという日々を描いたと思われるエッセイ。

    評価:BOMB!
    好み:論外(忘れたい)
    死体×死化粧師…って、そんなの「BLとして」というより「人として」ダメだろう。
    「こりゃダメだ~♪」と笑いに持っていきたかったのだろうが、死体にキスしたり腐らないようにと内臓取り出したり…といった描写がハッキリ描かれているので(しかも死体は死化粧師の彼氏でなくてもいいらしい)、ドン引きする。表現の自由を謳うのは構わないけど…ネク*フィ*アは描き方次第というか、その描き方が上手くないので面白くなかった。「ダメなBL」が前提のアンソロジーなので、買った人はそれをわかっている人ばかりだとしても、「この本を買うんじゃなかった」とトラウマを覚える人はいると思う。要注意。

    次!

    ■「隣は何をする人ぞ」宇野ジニア
    記録的な猛暑の夏。新しいエアコンを買おうと家電量販店に入った主人公は、そこでひとりの少年に出会う。行くあてがないという少年に主人公は「仕事が決まるまでうちにいればいい」と云い、ふたりは同棲し始める。ところが次第に主人公は少年に対してそっけない態度を取るようになり――というひと夏の恋を描いた作品。

    評価:(設定が面白いのに、エンドが…なのでダメっていう)
    好み:(ハッピーエンドだったらなんだけど)
    家電BL。主人公が拾った少年は本当に少年?…実はね…ときて、うわーそうきたか、そうだったのか、ナルホド!という事実が判明する(当へっぽこブログはネタバレ感想を基本としているが、本作はその「ナルホド!」がキモになるので、その部分に関するネタバレはしない)。その「ナルホド!」な部分は個人的にまったくダメでなく、逆にすごーいアイデア、こーゆーの好き!と思ったのだが、「主人公が少年を捨てて終わり」という見事なバッドエンドに「あー!」とダメ出し。でも逆に「ナルホド!」部分がダメで、バッドエンドが萌えという人がいるかもしれないと書いておく。「あき」のダブルミーニングはちょっとわざとらしいかも?

    次!

    ■「透黒」ZIN
    第二次世界大戦。ナチの強制収容所。司令官と思われる主人公は収容されているポーランド人の男に目をつける。その男を呼び出して行為に及ぶが――という重厚な時代もの。

    評価:(2本目のガチムチ+ガチホモ+外国モノ…こっちはシリアス)
    好み:(最初はだったけど、「ベント」ということで1コ追加)
    ナチ収容所BL。ストーリーがガチホモによるムショもの(正確に云うと収容所)、絵がガチムチ系、東のヘンタイがニッポンなら西のヘンタイはドイツ――ということでダメ出しされそうな1本なのだが、主人公(受)に昔の男の影(純愛?)が見え隠れし、ポーランド人の攻との行為でその思いを馳せているようなので、よくよく読んでみれば心せつないビターな話。行為はハードだがBLではよく見かける感じ。ガイジンガチホモとムショものに抵抗なければ大丈夫かも。さらに「ドSに見えて実はドMでした」という受が好きな人だったら完全にオススメの1本になるのだが、そのふたつを満たす=ニッチなのでダメBLかなと。

    「なんか映画の『ベント 堕ちた饗宴』思い出すなあ」とボンヤリ思ってたら、作家あとがきに「BENTっていう愛して止まない映画を思い出しながら~」と書かれてあった。納得。この作品が好きな人は「ベント」もゼヒ。ミック・ジャガーの女装も観れます。ますますニッチ…。

    ベント‾堕ちた饗宴‾【字幕版】 [VHS]ベント‾堕ちた饗宴‾【字幕版】 [VHS]
    (1999/03/17)
    ミック・ジャガー、ロテール・ブリュトー 他

    商品詳細を見る

    次!
    関連記事
    web拍手 by FC2

    Leave a comment

    Private :

    Comments

    -
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    03 05
    プロフィール

    秋林 瑞佳

    Author:秋林 瑞佳
    「あきりん・みずか」と読みます。
    (BLCD感想はジョセフィーヌ秋太夫が担当)

    風来のネットサーファーにして、
    ハンパない映画ギーク。
    そしてなにかと悩める電脳仔羊。

    気の向くまま、
    ネット場末で人知れず更新中の、
    BL感想&レビューブログです。

    >>ネタバレ上等<<
    なので、お気をつけ下さーい!

    リンクはご自由にどうぞ♪

    コメント欄にはURLが貼れません。
    (スパム回避のためです…)
    もしURLのご連絡がございましたら、
    お手数をおかけ致しますが
    メールフォームにてご一報下さい。

    ★ご注意★
    ネタバレ回避でテキストを折ることは(ほとんど)ありません。

    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム
    リンク
    QRコード
    QR
    QLOOKアクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。