スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    web拍手 by FC2

    『ももいろヘヴン』総括と総評

    ももいろヘヴンももいろヘヴン
    (2011/08/09)
    砂原 糖子、渡海 奈穂 他

    商品詳細を見る

    「ももいろヘヴン」で検索して、「桃色ヘヴン ではありませんか?」と何度やほーに問いただされても、めげずに頑張りましたよ…ふしゅー。

    先週からアンソロジーの感想をコツコツと書いてまいりましたが、ゴールが見えてこないマラソンをひとりフラフラ酸欠状態で走っているかのようで…自業自得とは云え、大変な思いをしました。でもどーにかなんとかセカンドウィンドに乗り、給水所で拍手を頂きながら、ようやく昨日「発売記念!『ももいろヘヴン』個別感想マラソン」を完走しました。 …いつそんなマラソンが?

    今は…そうですね、1992年「IN THE LIFE」ツアーの66本目最終公演終演後、イナ氏が「もう明日からライブしなくていいんだー!」という感慨から涙が止まらなかったという気持ちと、まったく同じです(なんてごく一部にしか伝わらないマニアックなたとえ…)。

    …よくわからないたとえ連発の壊れかけたひとりごちは、そこまでにして。
    本題。『ももいろヘヴン』総括です。

    全体的な傾向としては――

    ・「エロ≒SM」
    ・即物的ではないがやや短絡的
    ・安心して読める/読みやすい作品が多い
    ・メインキャラは、学生かリーマンのどちらか
    ・オヤジのいない世界(一番上でも35くらい)
    ・話は日常がベース
    ・絵師は可愛い系(スタイリッシュ系やオシャレ系は不在)。
    ・「いつもよりエロ増量」という意味では、作家より絵師のほうが頑張っていた

    ――という感じでしょうか。

    宇宙人に交信しないと読めない1作を除き、最後まで読める作品が多いので、「毎月ディアプラスを買っています」という方はもちろん、「ふだんディアプラスはあまり読まないけれど、お試しで読んでみたい」という方にもオススメできます(短編は作家の技量や特性を知るのに最適なので)。ただしオヤジがまったく出てこないため、「なによりもオヤジが好き♪」という方にはちょっと残念なラインナップであること、キャラや話に個性と意外性が少ないこと、「ふだんとは違うエロ≒SM」という偏りが感じられるなど、エロもキャラもバラエティに欠けてしまうのは否めません。それでもディアプラス文庫の傾向を考えれば「それはレーベルの特徴だから」と云えるので、大きなマイナスポイントにはならないでしょう。

    私自身、「作家を知るいい機会をもらったな〜♪」と思っていて、買って後悔はしていないです。好みからハズれている作品があっても許せます。これで1,050円ならば、かなりお得ではないでしょうか。


    以下、個人の嗜好に基づいて総評を書きます。
    (興味のある方、どうぞ)
    掲載作品は短編というより長編のミニマム化が多く、「短編であることを生かした構成」「短編だからこそ感じられる面白さ」を追求し、アグレッシブに攻めてきた作品がゼロだったことがとても残念でした。基本的にBLは「萌え重視」で「キャラの魅力が評価に大きく関わる」ジャンルであり、私のように「短編小説」としての出来を求めるタイプはごくわずか、出版側がそんなタイプをカバーする必要はないだろうと思っています。なので、それをレーベルに求めるつもりはありません。

    (そんなアグレッシブな短編って、過去にあったの?――そうですね、『エロとじv』に掲載された木原さんと榎田さんの作品がまさにそうでした)

    最後に少々ネガティブなことを書きましたが、『ももいろヘヴン』――買って読んでも大損はないと思いますよ☆(確実に話のネタにはなります♪)


    以上、総括でした♪

    *2011年8月25日に書いた総括と総評をそのまま転記

    関連記事
    web拍手 by FC2

    Leave a comment

    Private :

    Comments

    -
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    03 05
    プロフィール

    秋林 瑞佳

    Author:秋林 瑞佳
    「あきりん・みずか」と読みます。
    (BLCD感想はジョセフィーヌ秋太夫が担当)

    風来のネットサーファーにして、
    ハンパない映画ギーク。
    そしてなにかと悩める電脳仔羊。

    気の向くまま、
    ネット場末で人知れず更新中の、
    BL感想&レビューブログです。

    >>ネタバレ上等<<
    なので、お気をつけ下さーい!

    リンクはご自由にどうぞ♪

    コメント欄にはURLが貼れません。
    (スパム回避のためです…)
    もしURLのご連絡がございましたら、
    お手数をおかけ致しますが
    メールフォームにてご一報下さい。

    ★ご注意★
    ネタバレ回避でテキストを折ることは(ほとんど)ありません。

    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム
    リンク
    QRコード
    QR
    QLOOKアクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。