スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    web拍手 by FC2

    榎田尤利×中村明日美子 「クリスタル」 『エロとじv―b-BOYアンソロジー』 リブレ出版 2007年 

    エロとじ―b-BOYアンソロジーエロとじ―b-BOYアンソロジー
    (2007/06)
    不明

    商品詳細を見る

    ■「クリスタル」 作:榎田尤利 扉絵:中村明日美子
    扉惹句:「エレベーターという密室が、二人のありのままを暴き出す――」

    上司×部下、年下攻。

    最年少取締役で自分に自信アリの狩野が主人公。その彼による一人称で話は進む。なんてスラスラと読めるんだろう。榎田尤利の一人称は相変わらず上手くて、隙がまったくない。

    事故で動かないエレベーター内に取り残された狩野は、同乗していた部下の芳原を堕としめ、体を奪っていく…と書くと「なんだまた陵辱か」と思われてしまうのだが、結果的に堕とされた(=喰われた)のは狩野だったという密室逆転劇になっている。ただの陵辱で終わらない、ひとヒネリ半加えてきた仕上がりを高く評価したい。

    エダさんが初めて書いたと思われるスカは好みが分かれるだろうが、ストーリーが終わる頃には受の切り札になっていた。なんてスリリングな作品!お見事。最後のシメの一行も素晴らしい。エロはさほど激しくはないが、私にはこれくらいで充分。

    隙および死角ナシ、ベタ褒めしたい1本。

    @RECOMMEND@
    評価:★★★★★(ブリリアーント!)
    好み:★★★★(なんで一個足りないの?と云われそう)

    タイトルの付け方が上手いなあ。フツーの作家だったら「快感エレベーター」とかなんとか、凡庸なのをそのまま付けそうだー。

    次!

    *2007年7月15日に書いた感想を加筆修正

    関連記事
    web拍手 by FC2

    Leave a comment

    Private :

    Comments

    -
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    07 09
    プロフィール

    秋林 瑞佳

    Author:秋林 瑞佳
    「あきりん・みずか」と読みます。
    (BLCD感想はジョセフィーヌ秋太夫が担当)

    風来のネットサーファーにして、
    ハンパない映画ギーク。
    そしてなにかと悩める電脳仔羊。

    気の向くまま、
    ネット場末で人知れず更新中の、
    BL感想&レビューブログです。

    >>ネタバレ上等<<
    なので、お気をつけ下さーい!

    リンクはご自由にどうぞ♪

    コメント欄にはURLが貼れません。
    (スパム回避のためです…)
    もしURLのご連絡がございましたら、
    お手数をおかけ致しますが
    メールフォームにてご一報下さい。

    ★ご注意★
    ネタバレ回避でテキストを折ることは(ほとんど)ありません。

    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム
    リンク
    QRコード
    QR
    QLOOKアクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。