スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    web拍手 by FC2

    榎田尤利 『交渉人は黙らない』 大洋図書 2007年 … 仕事もラブも紆余曲折

    交渉人は黙らない交渉人は黙らない
    (2007/02/23)
    榎田 尤利

    商品詳細を見る

    挿絵が奈良千春画伯!レーベルがSHYノベルス!…とくれば、やはりまたヤクザなのか?…でもいいかげんヤクザは飽きてきたんだよなと一瞬フクザツな思いが過ぎったが、よくよく見れば書き手は榎田尤利。意味なく無体なことはしない作家だし、絵師はたしかに画伯でも表紙の肌色率は低く、凛々しいスーツ男がキリリと立っている。なによりタイトルからしてダーク系ヤクザものとは思えない。リーマンか弁護士?…否、受が交渉人(ネゴシエーター)で、攻がベンツではなくカローラに乗っているヤクザという、ちょっと毛色の変わったコメディだった。

    私も主人公・芽吹と同じで、ネゴシエーターなら「真下正義よりサミュエル・L・ジャクソン(映画「交渉人」)」であるが、BLで主役を張ってるのは初めて見た。ネゴシエーターなんてIQ高の駆け引き上手な腹芸職人は、読み手を唸らすほど弁が立つ説得力のあるキャラが書けないと確実にボロが出る設定である。だが榎田尤利、見事やってのけた。

    主人公に据えられた芽吹は、愛や恋が体と直結する10~20代の若者ではない「ラブより仕事」な30代。仕事だけでなくプライベートでも頭の中でも、彼は読み手に実況中継するかのごとく喋り捲る。その雄弁さと思考解析能力のスピードは素晴らしく、まさに「交渉人は黙らない」だ。

    攻の兵頭は、高校時代の恋の相手・芽吹にとんでもなく執着している下町ヤクザ。頭が良いので、弁の立つ芽吹を相手にしてもヒョイヒョイと切り返していける。そんな芽吹と兵頭の会話はテンポがあって楽しく、まるで夫婦漫才のようだ。数ページに1回は笑わせてくれる。感動させるより笑わせるほうが絶対的に難しい中、バカやオフビートギャグで笑わせるのではなく、主人公が交渉人なだけあって、たいへん理にかなった笑いを提供してくれるところが素晴らしい。BLでは「頭が良くて東大卒」なキャラが大安売りのごとく出てくるが、肩書きだけでキャラの頭の良さが実感できず、読んでて「そりゃないだろう、そんな行動するかよ」とため息が出てしまうことが多い。本作においてはそれがまったくない。ただ、全体的にエピソードがギュウギュウ詰めであることは否めず、急ぎすぎてもったいない印象がある。続編を考えていないのか、考えられていないのかはわからないが、芽吹の相棒・キヨや経理のさゆりさん、兵頭の舎弟ズなど脇キャラも立っているのでこのままにしておくには惜しい。

    どちらにしろ、続編希望だ。兵頭とのラブな展開、芽吹の仕事っぷりはもっと読みたい。追記:続編は来年の秋だそうです。来年?2008年ってこと?…遠い…。

    @RECOMMEND@
    評価:★★★★☆(兵頭から受け取ったと思われる成功報酬はいくらくらいなの?)
    ヤクザが出てくる作品だが、他人に見られたら心底マズい「人目注意報」発令なカラー口絵はなく、本編中の挿絵数点においてはほのぼのさすら感じられ、「奈良画伯でほのぼの?うわ~ん嬉しい☆」とその喜びで胸いっぱいのまま読み進めていたところ、最後の最後で画伯入魂のクリップ止め必至カット登場。別の感情から泣きそうになった。うおおお!!油断してしまったあああーーっ!!これから本作をお読みになるご予定の方、電車の中などではご注意を。…隣の席のおじさんに見られてしまった…。

    ZERO STARS … 論外/問題外作
    ★ … お好きな人はどうぞ。
    ★★ … つまらない。
    ★★★ … 退屈しない。なかなか面白い。
    ★★★★ … とても面白い。佳作/秀作。エクセレント。
    ★★★★★ … 天晴れ。傑作。ブリリアント。

    「オススメ作品」は基本的に★★★☆以上。
    「絶対オススメしておきたい作品」には@RECOMMEND@マークがつきます。
    性格上の理由から、★評価は厳しくなりがちなので、★5つ作品はあまり出ないと思います。


    *2007年5月1日に書いた感想を加筆修正
    関連記事
    web拍手 by FC2

    Leave a comment

    Private :

    Comments

    -
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    07 09
    プロフィール

    秋林 瑞佳

    Author:秋林 瑞佳
    「あきりん・みずか」と読みます。
    (BLCD感想はジョセフィーヌ秋太夫が担当)

    風来のネットサーファーにして、
    ハンパない映画ギーク。
    そしてなにかと悩める電脳仔羊。

    気の向くまま、
    ネット場末で人知れず更新中の、
    BL感想&レビューブログです。

    >>ネタバレ上等<<
    なので、お気をつけ下さーい!

    リンクはご自由にどうぞ♪

    コメント欄にはURLが貼れません。
    (スパム回避のためです…)
    もしURLのご連絡がございましたら、
    お手数をおかけ致しますが
    メールフォームにてご一報下さい。

    ★ご注意★
    ネタバレ回避でテキストを折ることは(ほとんど)ありません。

    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム
    リンク
    QRコード
    QR
    QLOOKアクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。