スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    web拍手 by FC2

    あさぎり夕×かんべあきら 「縛めの白薔薇」 / 雪代鞠絵×大和名瀬 「可愛くて、可愛くて。」 『エロとじv―b-BOYアンソロジー』 リブレ出版 2007年

    エロとじ―b-BOYアンソロジーエロとじ―b-BOYアンソロジー
    (2007/06)
    不明

    商品詳細を見る

    ■「縛めの白薔薇」 作:あさぎり夕 扉絵:かんべあきら
    扉惹句:「尊大な社長は、元華族の美しい青年を貶め、快楽を貪る。」

    社長×元華族。陵辱モノ。

    初読みのあさぎり作品。BL作品を次々と世に送り出している作家なのに、どーしてもどーしてもどーしてもその著作に手が出せなかった。なぜってそれはビコーズ――私が「りぼん」と云えば池野恋、「なかよし」と云えばあさぎり夕、という2大少女マンガ誌黄金時代のピークに育った世代だからだー!ガーン!!

    …というわけで、心中複雑な思いで読み始めたのだが――これ、ものすごーく古くないだろうか?…耽美だというのではなく、純粋に古臭い。いやだって、名門元華族の青年に白薔薇だよ?「白い庭」に「ホワイトガーデン」というルビが付いてるんだよ?…別にいいじゃん、と云われればそれまでだけど。

    文章は上手いというより手堅いという印象。漢字が多めなのだが、無意味に選択していないのがわかる。ひらがな・カタカナとのバランスが良く、句読点の配置も的確、古臭い(失礼!)という全体の雰囲気を壊していない。字面をかなり意識しているんだろうなと思わせる。うーん、最初に目に入ってくる印象を考えているあたり、さすが小説を書いてもマンガ家だなあ…と、つい文体や文章についてばかり感想を書いてしまうのは、惹句通りのストーリーだからで、ほかに云いようがないからである。困った。

    評価:★★(興味がなく…)
    好み度:★(レトロは好きだけど、古臭いのはちょっと…)

    BL界におけるあさぎり夕のポジションって、どうなんだろう?現在10〜20代半ばで、「あさぎり夕作品でBLを知りました。昔、よく読んだんですよ」という人は多そうである。ただ、そういう人があさぎり作品をそのまま読み続けていくかというと――本作を読む限り、かなり難しい話のように思える…。

    次!

    ■「可愛くて、可愛くて。」 作:雪代鞠絵 扉絵:大和名瀬
    扉惹句:「生徒会長室でハダカにされて、憧れの先輩に弄ばれる…!」

    生徒会長&副会長×下級生モノ。

    これも惹句通りのストーリーで、そのまま終わっていくため、ほかに云いようがない。あえて云うなら、「風邪引くよー」というところだろうか。

    評価:★(お好きな人はどうぞ)
    好み度:★(う~ん…)

    雪代鞠絵というペンネームが可愛いと思う…という感想を書くのもなあ…。

    終わったー!

    *2007年7月16日に書いた感想を加筆修正

    スポンサーサイト
    web拍手 by FC2

    榎田尤利×中村明日美子 「クリスタル」 『エロとじv―b-BOYアンソロジー』 リブレ出版 2007年 

    エロとじ―b-BOYアンソロジーエロとじ―b-BOYアンソロジー
    (2007/06)
    不明

    商品詳細を見る

    ■「クリスタル」 作:榎田尤利 扉絵:中村明日美子
    扉惹句:「エレベーターという密室が、二人のありのままを暴き出す――」

    上司×部下、年下攻。

    最年少取締役で自分に自信アリの狩野が主人公。その彼による一人称で話は進む。なんてスラスラと読めるんだろう。榎田尤利の一人称は相変わらず上手くて、隙がまったくない。

    事故で動かないエレベーター内に取り残された狩野は、同乗していた部下の芳原を堕としめ、体を奪っていく…と書くと「なんだまた陵辱か」と思われてしまうのだが、結果的に堕とされた(=喰われた)のは狩野だったという密室逆転劇になっている。ただの陵辱で終わらない、ひとヒネリ半加えてきた仕上がりを高く評価したい。

    エダさんが初めて書いたと思われるスカは好みが分かれるだろうが、ストーリーが終わる頃には受の切り札になっていた。なんてスリリングな作品!お見事。最後のシメの一行も素晴らしい。エロはさほど激しくはないが、私にはこれくらいで充分。

    隙および死角ナシ、ベタ褒めしたい1本。

    @RECOMMEND@
    評価:★★★★★(ブリリアーント!)
    好み:★★★★(なんで一個足りないの?と云われそう)

    タイトルの付け方が上手いなあ。フツーの作家だったら「快感エレベーター」とかなんとか、凡庸なのをそのまま付けそうだー。

    次!

    *2007年7月15日に書いた感想を加筆修正

    web拍手 by FC2

    山藍紫姫子×あさとえいり 「多岐川肛門病院の秘密」 / あすま理彩×亜樹良のりかず 「華麗なる賭け」 『エロとじv―b-BOYアンソロジー』 リブレ出版 2007年

    エロとじ―b-BOYアンソロジーエロとじ―b-BOYアンソロジー
    (2007/06)
    不明

    商品詳細を見る

    ■「多岐川肛門病院の秘密」 作:山藍紫姫子 扉絵:あさとえいり
    扉惹句:「こ…こんなの、もう『お医者さんごっこ』じゃないっ!」

    耽美やJUNEと呼ばれた女性向け同性愛作品がBLとしてポップ化し、平成の世になって市民権を得ても、耽美/JUNEを背負って堂々と立ち続け、独自の世界を創り上げている山藍先生の作品。

    現在、山藍さんがどの雑誌でどのような作品を発表されているのかまったく知らないのだが、お道具の使いっぷりや、非日常の世界をゾクリと感じさせるキャラたちは健在で、スゴイな~と思いながら読んだ。ただ本作はなんとなく「リブレを意識してみました」という感じがする。ポップなBLに遜った耽美とでもいうか。先生ご自身は楽しんで遜っていらっしゃる模様。私はというと「作品の理解はしたいが属性がない」としか云えず、四字熟語満載なダイアローグでは失笑、ついていけなかった。だって先生、先にどんどん進んでいくんだもの…。

    「エロとじv」最大の異色作(木原音瀬の作品は別枠シード)。

    評価:★(お好きな人はどうぞ。需要はあると思うので)
    好み:★(すみません…)

    評価は★1つだが、これもまたヘタというのではなく「お好きな人はどうぞ」というもの。需要はあると思う。山藍センセは今後、どの方面へ行かれるのだろう?

    次!

    ■「華麗なる賭け」 作:あすま理彩 扉絵:亜樹良のりかず
    扉惹句:「賭けに負けたとき、その身体は男の性玩具となる――」

    カジノが舞台。複数プレイもの。

    主人公は美貌(お約束)のディーラー。そのほか、ホテル王だのとセレブが出てくるのだが、複数な上に独特な文章で読みづらいことも手伝って、誰が誰やらサッパリわからない。私の読解力ももはやここまで。相関図を書きながら読み進めようかと一瞬思ったが、ペンを持ちながら「え〜っと、いま上に乗っかってるのがー…」だなんてやってられないわ…ということで諦めた。

    相当エログレードの高い表現をしているはずなのに、なんでエロく感じないんだろう?ちょっと考えながら読んでみた。う~ん…コトの最中だというのに「〜なのだ」「〜のだ」と文章を断定形にしてくるのが、私には興ざめだったのかも。

    評価:★★(つまらない)
    好み:★(カンベン)

    とにかく読みづらかったなあ…。

    次!

    *2007年7月13日に書いた感想を加筆修正

    web拍手 by FC2

    木原音瀬×鈴木ツタ 「鈍色の華」 『エロとじv―b-BOYアンソロジー』 リブレ出版 2007年

    エロとじ―b-BOYアンソロジーエロとじ―b-BOYアンソロジー
    (2007/06)
    不明

    商品詳細を見る

    ■「鈍色の華」 作:木原音瀬 扉絵:鈴木ツタ
    扉惹句:「誰も見たことのないその華は、誰とも違う輝きを放ち…」

    萌えで推し量れぬない作家・木原音瀬登場。

    主人公は、40代後半でリストラに怯える窓際リーマン・鶴谷。誰も彼に興味を持つ者はいない。そんな彼が、契約を結ぼうとしている米国大企業の重要人から、セックスの相手として突然指名される。なぜ鶴谷?

    鶴谷とともに混乱しながら読み続けていくと、やがて場面は怒涛のエロへ。

    社長の姦視のもと、料亭で接待複数プレイ。
    女体盛りならぬ中年男盛り。

    ひぃぇえええええええええええ!!

    フツーならば、「鬼畜道ここに極まれり」なエロで終わっていくか、もしくは「イヤイヤ、ああ〜ん♪」となった受を手に入れて最後に攻がニンマリで終わるか――そのどちらかになりそうなのだが、コノハーラ作品である以上、そんなフツーなオチで終わるはずがない。

    鶴谷の接待場面は「かわいそう、ひどい」と思うには思うけど、あまりの異常な状況にビックリしてしまって同情する余裕がなく、ただただ傍観するだけ。その場面が終わってホっとしてたら、知らないうちに鶴谷が豹変していた。最後の告白。読み手は社長とともに愕然となる。

    一読の価値ありなホラー作品。あービックリした…。

    @RECOMMEND@
    評価:★★★★★(アナザープラネットな出来)
    好み:★★★☆(でも何度も読み返したい作品ではないですね)

    怖いよう。なんでこれが「エロとじv」に載ってるの?

    次!

    *2007年7月12日に書いた感想を大幅改稿

    Continue Reading

    web拍手 by FC2

    水戸泉×しょうおとあや 「蜜月メイド」 / 和泉桂×稲荷家房之介 「隷従の檻」 / 斑鳩サハラ×明神翼 「貴人たちの後継儀式」『エロとじv―b-BOYアンソロジー』 リブレ出版 2007年

    エロとじ―b-BOYアンソロジーエロとじ―b-BOYアンソロジー
    (2007/06)
    不明

    商品詳細を見る

    ■「蜜月メイド」 作:水戸泉 扉絵:しょうおとあや
    扉惹句:「この屋敷では、毎晩メイドが主の夜伽をすることが決まってるんだよ」

    勝ち組セレブ(と本編に書いてある)×高校生メイド。

    猫耳は1行目で痛恨の一撃だったが、メイドは5行目でザラキだった。

    ……メイド属性のない秋林さん、ザオリク待ち。合掌。

    評価:ZERO STARS(せめて執事にしてくれ!)
    好み:ZERO STARS(ザオラル不可。ザオリク待ち。クリフトを呼んでくれ!)

    読了できなかった唯一の作品。何度もチャレンジしたが、どうしても読み進めず。

    次!

    ■「隷従の檻」 作:和泉桂 扉絵:稲荷家房之介
    扉惹句:「アラブの後宮で、官能に堕とされる王子は…!?」
    奴隷×王子。下克上。

    全編ヤリっぱなし。盛り上がりはないし、アラブという設定なのにアラブらしさが感じられない。数日後には忘れそう。「媚薬」と設定やネタがカブっていたことでも損をしているし…もうちょっとなんとかならなかったのかなと思う。残念。

    評価:★★(面白い/面白くないの前に、印象に残らない)
    好み:★★(ストーリーがありそうで実質なかった)

    扉惹句読むまで、これがアラブだとはまったく気付かなかった。

    次!

    ■「貴人たちの後継儀式」 作:斑鳩サハラ 扉絵:明神翼
    扉惹句:「セレブが行う成人儀式 それはたまらなく淫靡で…vvv」

    セレブ青年×高校生。どうつけようか最後まで悩んだんだろうな〜という印象の、ちょっとモタつくタイトル。

    「18歳になったら、一族の中でもとりわけ優れた資質を備えた成人男子と契ってナニを注いでもらうことで一人前となり、一族として認められる」って…なんじゃそりゃ? 貴人たちの後継儀式というより奇人たちの貫通儀式である。

    いつも思うんだが、この手の儀式モノはなぜ受をポジティブホモにしないのだろう? 「イヤイヤ、ああ〜ん♪」で、「攻が受を手に入れて最後にニンマリ」というものばかり。ロザリーン・ヤングちゃん自らが、自己のフェティシズムと妄想を赤裸々に綴った、究極のエロティシズム本『ロザリーン・ヤングはじめての告白』のようにならぬものか。躾よく育てられた、若く美しい18歳の男の子。隠された欲望とフェティシズム。そんな彼がある儀式を妄想し始める――とか。攻主導でない、潔く凛とした受視点を希望。

    評価:★★(つまらない)
    好み:★(う~ん…)

    これも印象に残らない。エロを頑張ろうとしてスベった感あり。

    次!

    *2007年7月8日に書いた感想を大幅改稿

    web拍手 by FC2

    英田サキ×鹿乃しうこ 「兄貴とヤス」 『エロとじv―b-BOYアンソロジー』 リブレ出版 2007年 

    エロとじ―b-BOYアンソロジーエロとじ―b-BOYアンソロジー
    (2007/06)
    不明

    商品詳細を見る

    ■「兄貴とヤス」 作:英田サキ 扉絵:鹿乃しうこ
    扉惹句:「弟分に奪われる極道同士の危険な愛……!!」
    「水を得た魚はこう泳ぐのよっ!」と云わんばかり、ヤクザを与えると素晴らしい泳ぎっぷりを披露してくれる英田サキの作品。年下攻。舎弟×兄貴。

    英田兄貴、いやらしすぎます。。

    掲載誌が間違っている…とゆーか、「ウチでゼヒ書きませんか?」とモノホンのゲイ雑誌らお声がかかりそうなエロに、恥ずかしながらうろたえてしまった。掲載順では4本目にあたる本作だが、いったいこれまでの3本はなんだったんだ?…と思うくらい、一気に目が覚めるエロである。いやーもービックリしたってば!

    受の兄貴・羽鳥は侠気に溢れた漢キャラで、たいへんな魔性の男殺しである。隠喩なんぞまったくナシ、あからさまな文句の連発でヤスを誘うシーンは強烈、あんな姿であんなことを云われたら、そりゃヤスの理性がぶっ飛ぶのも当然だ。英田兄貴お得意の受キャラが「魔性の男殺し」であることはけっこう知られていると思うのだが、羽鳥はその中でもセクシャルバイオレットNo.1だろう。一方、攻のヤスは可愛らしくて、ちょっとおバカさんな大型ワンコ好きにはたまらないキャラだと思われる。

    エロのグレードは高めなのに、短編小説として非常によくまとまっている。出だしは緊張感があり、英田兄貴の硬派な記述でヤクザ抗争の背景もわかりやすい。羽鳥がなにゆえセクシャルバイオレットNo.1なのか、不破というキャラを巧みに使って描いているところも上手い。フツーだったら無理矢理という展開になりがちな場面で、断らない/断れない羽鳥というのがいいね。英田兄貴、最近同じリブレから出た長編『いつわりの薔薇に抱かれ』より、コッチの短編のほうが面白くないっスか?

    そして絵師の鹿乃しうこが、また素晴らしい。本作を読んでいる間、頭の中でしうこさんのキャラがずっと動いていた。こんなに相性がいいなんてなあ。ガテン系アクロバット絵師のしうこさんなら、英田兄貴が描くあ〜んなことやこ〜んなことも対応可能だろう。短編小説で終わらすのはもったいない。羽鳥とヤスは魅力的だ。もっとふたりのエピソードをくれ!「エロとじv」一番人気は本作だろう、「原作:英田サキ 画:鹿乃しうこ」でマンガ化希望だ!>編集部

    @RECOMMEND@
    評価:★★★★(たいへん面白い…なんだけどね…)
    好み:★★★★★(たいへん好み…なんだけどね…)

    あんな兄貴を満足させようと思ったら毎日タイヘンだろうなあ。朝のご挨拶も「おはようございます」ではなく「お疲れさまでした」になりそうだ。

    次!

    …のその前に。

    キャラ良ーし!エロ良ーし!ラブ良ーし!緊張感良ーし!と、たいへん魅力的にストーリーが展開していたというのに、最後の最後でガッカリ。これだけ盛り上げといて、「襲撃当日の朝にニュース見てたら、森岡が逮捕されてヤマを踏まなくてよくなりました。ヤスのためにヤクザ辞めようかと思います。めでたしめでたし」になるのか。羽鳥は背中に極彩色の鳳凰を彫った漢だぞ!?羽鳥は最後までヤクザとして、またヤスも「兄貴ならなんでもいい」ではなく「ヤクザとしての兄貴」に惚れていて欲しかった。あ~あ…。

    (改めて)次!

    *2007年7月1日に書いた感想を大幅改稿

    web拍手 by FC2

    鬼塚ツヤコ ×佐々成美 「痴漢電車」 / 南原兼× ホームラン・拳 「バッドステータスv発情中」 / 水上ルイ×池玲文 「媚薬」 『エロとじ―b-BOYアンソロジー』 リブレ出版 2007年

    エロとじ―b-BOYアンソロジーエロとじ―b-BOYアンソロジー
    (2007/06)
    不明

    商品詳細を見る

    ■「痴漢電車」 作:鬼塚ツヤコ 扉絵:佐々成美
    扉惹句:「満員電車の中、私の体に絡みつく忌まわしい手の正体は……」

    オープニング1本目は痴漢電車モノ。年下攻。おおまかなストーリーは「満員電車の中で、若き美貌の国税局官僚が見知らぬ男から陵辱される。ところがその男の正体はなんと…」というもので、鬼塚さん得意の「嗜虐的な攻、そんな攻を拒めない自虐的な受」。

    私にはつまらなかった。いやだってさ、「子供の頃に家庭の事情で別れても、ずーっと受が好きでした」という攻の設定からしてすでに無理があるのに、10数年後に再会していきなり受を電車で陵辱するか?…嗜虐的な攻というのはもとより共感を得にくいので、そんな攻の心情が少しでも読み手に伝わるようにと過去や背景を描いているのだが、それら全部を描こうとしている。そんなの短編では無理だろう。攻の一人称ならまだいいが、受視点の三人称だから余計に苦しい。受の心情メインに電車内ワンシチュエーションで、「好きな同僚(上司でも部下でもいい)と仕事先に向かう満員電車で、痴漢に遭いました。恥ずかしくてたまらないのに、ああカラダは云うことをきかない。そんな姿を好きな相手に見られるなんて…」として、ラストに「実はそいつが!」とシンプルに持ってきたほうがいいと思うんだけどなあ。もっとスリリングにキメて欲しかった。

    評価:★★(つまらない)
    好み:★★(ニガテ…というより興味ナシ)

    扉絵で完全ネタバレしているのはどうだろう?…「誰が触っているかわからない」というところから話が始まっているので、攻の顔がわからないほうがよかったような。辱めによって顔の赤い受、そんな受に容赦なく伸ばされる無数の手、誰だかわからない後姿の攻…とかね。

    次!

    ■「バッドステータスv発情中」 作:南原兼 扉絵:ホームラン・拳
    扉惹句:「かわいいお尻にしっぽをつけてあげる。」

    私にとって初南原作品。なんとなく住む世界が違うような気がして、いままで読んだことがなかった。そういえばあの伝説のオビ惹句「そう…。そのまま飲みこんで。僕のエクスカリバー…」がついたのは、この人の本だよね?…という話はさておき。

    パブリックスクールもの。扉惹句からしてヤバイよ…と警戒していたが、1行目「お兄様の猫耳」が目に入った瞬間――まったく猫耳属性のない秋林に痛恨の一撃!ゲームオーバー!

    抵抗もできず、撃沈となった1本。合掌。

    評価:★(お好きな人はどうぞ)
    好み:ZERO STARS(ちゃんと読了はした)

    猫耳つけててもやることはやるなあ、カワイイのにみんな下半身はたいそうなごリッパ屋だという印象。評価は★としたが、これはヘタというのではなく純粋に「お好きな人はどうぞ」というもの。南原兼は作風にあった文章を書いている。属性のある人にとっては、素晴らしい作家なんじゃないだろうか。私にとっては「エクスカリバーの人」だが。

    次!

    ■「媚薬」 作:水上ルイ 扉絵:池玲文
    扉惹句:「陛下を犯し、欲望を注ぎ込みたい。何度そう思ったことか…!!」

    馬丁×王様。下克上モノ。池玲文による扉絵が素晴らしい。

    西洋のコスプレ下克上モノにおける攻の定番は、昔から馬丁か庭師である。「チャタレイ夫人の恋人」のメラーズだって庭師だ(あ、森番か)。フツーの使用人より馬丁や庭師のほうが断然ハンキー(「逞しくてセクシーな男」という意)だからで、攻を馬丁としたルイさんはよくわかっている。これでキャラの年齢設定がもうちょっと上だったら個人的ににツボだったのだが、あれもこれもとゼイタクは云ってられない。

    臣下による腐敗政治の結果、国は崩壊、明日には敵国に奴隷として差し出される運命の王。その最後の夜、媚薬を盛って相手に思いを遂げたい――というストーリーはありがちだが、誰がどのように媚薬を使ったかにヒネリがあって面白かった。ナルホドそうきたか。

    がしかし、ラブシーンが「王様による実況中継」であまり色っぽくなく、さらにダラダラその場面が続いたので少し退屈してしまった。

    評価:★★★(悪くないけど…)
    好み:★★★(ルイさんに池さんの絵がつくなんて新鮮かもー?)

    17歳の男の子(王様)が自分のソレを「蕾」と表現するだろうか?というギモンは残る。ところで、私は今回初めてルイさんの作品を読んだんだけど、エロシーンでクセがあるなあ。

    「……アアッ!……アアッ!……すごい……」
    「……くうっ……っ」

    エロシーンになると、「三点リーダ×2 あえぎ声 三点リーダ×2」。
    必ず改行されることもあって、これが連発されるとものすごーく紙面から浮いて見える。ぱっとページ開くだけで、どこからエロが始まって終わるかわかってしまう。いいんだか悪いんだか。

    次!

    *2007年6月25日に書いた感想を加筆修正

    web拍手 by FC2
    -
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    06 08
    プロフィール

    秋林 瑞佳

    Author:秋林 瑞佳
    「あきりん・みずか」と読みます。
    (BLCD感想はジョセフィーヌ秋太夫が担当)

    風来のネットサーファーにして、
    ハンパない映画ギーク。
    そしてなにかと悩める電脳仔羊。

    気の向くまま、
    ネット場末で人知れず更新中の、
    BL感想&レビューブログです。

    >>ネタバレ上等<<
    なので、お気をつけ下さーい!

    リンクはご自由にどうぞ♪

    コメント欄にはURLが貼れません。
    (スパム回避のためです…)
    もしURLのご連絡がございましたら、
    お手数をおかけ致しますが
    メールフォームにてご一報下さい。

    ★ご注意★
    ネタバレ回避でテキストを折ることは(ほとんど)ありません。

    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム
    リンク
    QRコード
    QR
    QLOOKアクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。