スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    web拍手 by FC2

    Guilt|Pleasure 『In These Words』 リブレ出版 2012年 … 密室ビスタビジョン

    In These Words (ビーボーイコミックスデラックス) (ビーボーイコミックスDX)In These Words (ビーボーイコミックスデラックス) (ビーボーイコミックスDX)
    (2012/09/10)
    Guilt|Pleasure

    商品詳細を見る

    原作:Narcissus、作画:咎井淳(Jo Chen)で構成されたGuilt|Pleasureによる米国産BL。
    日本語翻訳され、BE・BOY GOLDにて1年間連載された分をコミックス化。
    巻数は書かれてないが(北米版ペーパーバックにはVol.1表記あり)、たぶん続刊が出ると思われる。

    精神科医・浅野は、悪夢に悩まされている。顔の見えない男から終わりのない凌辱を受ける夢だ。なぜそのような夢を見るのかわからないまま、浅野は警察からの要請で12人もの犠牲者を出したシリアルキラーの取り調べに協力することに。浅野を指名したのは容疑者本人で、接見は秘密裏に人里離れた一軒家で行われるという。浅野の前に現れた容疑者・篠原は「あなたに会うためにここに来た」と初対面とは思えぬ口調で浅野を挑発し始めるが――という一軒家の密室でシリアルキラーと精神科が対峙、そしてフラッシュバックのように夢と現実が交錯しながら駆け引きダイアローグが展開するサイコサスペンスもの。

    日本人作家が舞台を外国に、そして外国人を主役に据えた作品はよく見かけるが、その逆――外国人作家が日本を舞台に日本人を描くというのは大変珍しい。BLもワールドワイドになったなあ…と素直に感動しつつも、読み手が日本人である以上「さて、どれだけ違和感が抑えられているかしら?」という意識がどうしても働く。個人的な意見としては、まず右開き閉じなので読むのが楽だし(通常アメコミは左開き閉じ)、登場人物が少数で相関もシンプル、一軒家からの移動があまりないという限定された人間関係と空間の中で話が進むため、違和感を起こさせる要素が少ないと感じた。作画については、キャラに日本人が好む端正さはあれど、コマ割りがややクラシカルなせいか場面によっては少々間延びする。だがそれは短所というより好みが分かれる程度、読みにくさには繋がらない。警部や課長、下っぱ刑事・柴田くんなど、脇キャラはみな日本のドラマに出てきそうなステレオタイプであり、そう感じさせた時点で成功していると思う。背景もけっこう頑張っていて、住宅はややフラットな印象ながら玄関ドアは内開きか外開きかわからないようにしてあってナルホドと思ったし(日本住宅の玄関ドアは外開きが多い)、浴衣は右前、トイレはウォシュレット付きだったりする。よって全体的に丁寧で考えられている作画といえるだろう。

    ストーリー面では――主人公・浅野の「顔が見えない男からの凌辱とその恐怖」なフラッシュバックが最大のポイントになっている。浅野の目の前にいる快楽連続殺人鬼・篠原がそれに関係しているのだと、読み手はすぐに気づく。だが浅野自身はなんらかの理由によってその記憶がない。性的な内容を含んだ接見の後、襲いかかるフラッシュバック、これは夢か現実か――浅野は次第に追い詰められていく。そしてとうとう…ときて、次巻へと続いた。こういう内容のドラマや映画は海外ではよくあるので、正直いえば先はなんとなくわかってしまうのだが、私が今まで読んできた国産BLは、ラブを重視するばかりで攻のサイコキラーの言動や設定に手ぬるさがあったり、逆にスタイリッシュすぎてわかりづらかった作品が多かったので、本作のような「まずサイコサスペンスありき」な展開を正攻法で見せてくれた作品は評価しておきたい。

    密室での一対一ダイアローグ、相手はサイコキラー――密な空間で密な相手と密なやり取り、「知りたくない真実を知る」ことへの恐怖など、正攻法で正統派な「追い詰められて」サイコサスペンスを読みたいという人にオススメの作品。ただし、遺体の描写がしっかりしていること、一見ラブレスな濃い凌辱が続くこと、屈折した感情に共感できないこと…など甘さがない描写をニガテとする人は注意。

    評価:★★★☆(今年一番の話題作じゃないでしょーか?)
    キャラの表情の変化が大変ゴージャスに描かれているので、紙面にまで圧迫感がある。密だしすんごく濃くてコマが狭い。シネスコなのにビスタで観てる気分になるとゆーか。

    あんな条件下(場所は一軒家、拘束期間があいまい、仕方なく泊まりなど)の接見どうよ?…という思う人がいるかも。私はあえてリアルと比較せず「そういう設定だから」と解釈してます。そーじゃないと、この手のサスペンスって読めないもの。気になるのは作品の内容じゃなくて、出版元であるリブレがどこまでフォローするかってこと。ちゃんと最後まで出してくれるの?…巻数は書かれてないしさー、連載は続いているのかわかんないしさー…翻訳BLでなにが困るって毎回そこなのよ。「とりあえず紹介」程度の翻訳出版だったらヤダなあ。

    ZERO STARS … 論外/問題外作
    ★ … お好きな人はどうぞ。
    ★★ … つまらない。
    ★★★ … 退屈しない。なかなか面白い。
    ★★★★ … とても面白い。佳作/秀作。エクセレント。
    ★★★★★ … 天晴れ。傑作。ブリリアント。

    「オススメ作品」は基本的に★★★☆以上。
    「絶対オススメしておきたい作品」には@RECOMMEND@マークがつきます。
    性格上の理由から、★評価は厳しくなりがちなので、★5つ作品はあまり出ないと思います。
    スポンサーサイト
    web拍手 by FC2

    王一/風弄 『王太子は無慈悲に奪われる』 リブレ出版 2011年 … 擬音擬態のない世界

    王太子は無慈悲に奪われる (ビーボーイコミックス)王太子は無慈悲に奪われる (ビーボーイコミックス)
    (2011/07/08)
    王 一

    商品詳細を見る

    原作(風弄・中国) は20数巻に及ぶ大作で、その挿絵を担当した絵師(王一・台湾)がコミカライズ。台湾で出版されたものを日本語翻訳(本編)+日本向け書き下ろし(短編)。右開き。傲慢×美形やんちゃ。

    事故で死んでしまった主人公・鳳鳴は、移魂術によって生き返る。身体は別人。昔存在した西雷国という国の王太子の身体に、鳳鳴の魂が移ってしまったからだ。勝手がわからず戸惑っているところに、摂政だという臣下・容恬が現れる。強引に鳳鳴を抱こうとする容恬。だがそれを拒絶する鳳鳴の態度と言動から、容恬は王太子とは別人であると気づく。見目が良いだけだった以前の王太子よりも快活な鳳鳴に、容恬は魅力を感じ始める。そして鳳鳴は、王太子として政治に巻き込まれていってしまい――という、異国情緒溢れるタイムリープ系(異次元?)歴史大河モノ。

    やはり餅は餅屋、中国モノは中国人作家にというか、引用される中国故事や慣用句で大変勉強になることが多く、頁をめくるたびに「ナルホド」と唸ることしきりだった。王さんの絵はレトロだけど大きなクセがなく、BLに向いた絵柄だなあと思う。カラー・モノクロともに綺麗だ…本当に綺麗だ。今すぐ日本のBLノベルの絵付けができるレベル。1コマ1コマ丁寧に描き込まれてあり、止め絵・動きのある絵、どちらもS級に上手い(中国や韓国の作家は、輪郭線にトーンを貼るのがデフォルトなのだろうか?)。主人公・鳳鳴の表情がクルクル変わるのが楽しく、容恬は男らしい美しさが際立っている。さらに女官?の秋ちゃんず(秋蘭・秋月・秋星)まで超可愛く、王さんの画集が出たら正直欲しい。

    違和感があるとすれば、場面説明の補助となる擬音語や擬態語がコマの中に一切ないということくらいか。たとえば、ドアを開閉したときには「バタン」という文字が、見つめるときは「じーっ」という文字が、コマのどこかに書かれてあったりするのに、それがない。なので、キャラの動きはすべて絵のみで勝負しなければならない。日本語に慣れていない人が日本語を書く、あるいは作家の意図とは違うデザインの擬音/擬態文字を翻訳担当が描き込んだりすると、どうしても読んでいるうちにズレを感じてしまうので(『絶頂』でその経験アリ)、日本語翻訳にあたって原画から消したのか、最初から描かれてなかったのかはわからないが、入れなかったのは賢明な選択だったと私は思う。

    ストーリーは、傲慢な臣下に抱かれっぱなしだったひ弱王太子の身体に、現代のやんちゃな青年の魂が移り宿るが、それでもやっぱり臣下に愛されちゃうのね…という流れが基本なので、まず強引ラブが好きな人にオススメできる。チューが綺麗な構図で毎回見ごたえがあるものの、ラブシーンはあまり激しくない。ふたりはまだ理解しあっていないのでラブもこれからという印象、受が攻を好きになっていく過程がゆっくり楽しめそう。鳳鳴が意外とすんなり運命を受け入れて王太子業についたのは意外だったが、今後のふたりがとても気になる。なんとなく…「現代の知恵と知識でもって益をもたらす」→「容恬が鳳鳴に激しくラブ」→「両思い」→「ライバル登場」→「みんなで鳳鳴の取り合い」…というタイムリープ系歴史大河BLの王道を踏みそうな気がする。

    巻末収録の短編は王太子(移魂前)と容恬の話。容恬が王太子を好き放題に抱いていたことがよくわかる。本編と打って変わって激し目のエロだったので、リブレから「日本仕様なので、もっとハードに」と云われたのではないかと推測する。残念なのは、『王太子は無慈悲に奪われる』という邦題。奪われるだけじゃないと思うのだが。続きが出ないかもしれないから…大作にこんな凡庸なタイトルをつけたのだろうか。

    続きが読みたいけど、さてどうなる?

    評価:★★★☆(…半星削ろうかと思った。リブレに云いたいことがあるから)
    不思議な運命のもとにふたりが出会いました、相互理解もラブもまだまだです、でもそんなふたりに「最初の大きな関門がやってきました、さあどう乗り切る?…というところで「END」。え?話はこれからなんですけど?…ちょっとリブレさん。あきらかに続きがあるとわかる作品に、「続く」ではなく「END」マークをつけてしまうって、どういうこと?ジャンプ10週打ち切り作品よりひどいぶった切りで、こっちは放り出された気分になるんですけど?続きを出す気はあるの?それともご紹介程度の出版?

    台湾での出版事情はわからないし、大人の事情がいろいろと絡んでいるのかもしれないけれど、続巻が出るのかを明らかにしないなんて…あんまりだ。韓国BL『絶頂』の二の舞はヤダよ…。話が完結している別の作品を選んで出したくれたほうがよかった。作家に対する好感度が高いだけに、とても悔しい。

    ZERO STARS … 論外/問題外作
    ★ … お好きな人はどうぞ。
    ★★ … つまらない。
    ★★★ … 退屈しない。なかなか面白い。
    ★★★★ … とても面白い。佳作/秀作。エクセレント。
    ★★★★★ … 天晴れ。傑作。ブリリアント。

    「オススメ作品」は基本的に★★★☆以上。
    「絶対オススメしておきたい作品」には@RECOMMEND@マークがつきます。
    性格上の理由から、★評価は厳しくなりがちなので、★5つ作品はあまり出ないと思います。

    *2011年7月14日に書いた感想をほぼそのまま転記

    web拍手 by FC2

    イ・ヨンヒ 『絶頂1〜4』 日本文芸社 2007年 … 青臭さがたまらない

    絶頂 1 (ニチブンKARENコミック文庫 LY 1)絶頂 1 (ニチブンKARENコミック文庫 LY 1)
    (2007/07)
    イ ヨンヒ

    商品詳細を見る

    今を遡ること約2年半前。その表紙の絵の濃さから「手が出しづらいんだよなあ…」と躊躇しながらも、「ええーい、買ってしまえー!」と勢いつけて購入した韓流BL。現在1〜4巻発売中。左開きなので注意。

    尾崎南と竹田やよいを足して2で割らずにCLAMPを掛けたような絵調で、ニッポンでもその昔流行った鎖や羽根や軍服や流血が飛び散るカラー口絵にクラクラしつつも、本編を読み出したら…あれ?あれれれれれれ?…カラーとモノクロではなんだか印象が違う?

    クセはあれども描線はけっこう現代的、たまにハッとさせられる綺麗な表情――つまりキメ顔が存在する。そして、1コマ1コマとても丁寧に絵が描かれてある。モノクロに比べて印刷映えしないカラーは残念だが、絵から作者の情熱が伝わってくるので、個人的にポイントが高い。

    「世の中つまんねーよ!」と自分を持て余し気味のセズ(攻)が、可愛くて明るいがなにやらワケありのモト(受)と出会う。過去の男・イタンを忘れられないモトだが、セズのことは自分も気になっている。3人の恋の行方はいかに?――と話が展開していくが、セズの若さゆえの傲慢さだとか、元気なモトの明るさの裏に隠されたせつない過去だとか、危険な男イタンのモトへの純粋な思いだとか、それぞれ丁寧に描写されているし、恋愛だけでなく、自分という存在が世の中のどのポジションにいるのかとわからないという漠然とした悩みや、鉄パイプ持って殴り込みといったハデな流血バイオレンスシーンもしっかり入っているので、退屈せずに読める。やるなあ。ただし、ちょっと回想シーンがわかりづらいのが難点か。

    酒に酔っ払ってるモトに思わずチューしてしまうとか、一緒にシャワー浴びて互いを意識しちゃうだとか、気がつくと一緒のベッドで寝てましたとか――どれも寸止めで、セズとモトは簡単に体を繋ぐことはない。1巻ずつ距離が縮まっていくという感じ。そうだよ、忘れかけてたよ、こういう青臭いじれったさ。

    セズがモトを劇的に救って、いい雰囲気になってきたふたりの前に、過去の男イタン登場――感極まってイタンに駆け寄るモト、どうするセズ?…というところで4巻が終わってしまった。残念ながら続きは出ていない。

    なんとか出してもらえませんか?>日本文芸社さん
    (左から5巻・6巻・7巻)

    ze5.jpg ze6.jpg ze7.jpg

    評価:★★★★(ニッポンで続きを熱望しているのって、語シスコ先生と生き別れのいもりんと私だけ?)
    3巻だったか、年下攻と判明して私はさらに萌えた!これは萌えるよ、年下攻、バンザーイ!
    左開き、わかりづらい名前、腕に彫られた漢字の刺青、平成ヒトケタなファッションセンス…など、いろいろハードルはあるけれど、ちょっとでも興味がある人は、読んだほうがいいと思う。BLCD化すると、すんごいいい出来になりそうな気がするなあ。「モト:福山潤、セズ:鈴木達央、イタン:日野聡」でどうかしら?

    ZERO STARS … 論外/問題外作
    ★ … お好きな人はどうぞ。
    ★★ … つまらない。
    ★★★ … 退屈しない。なかなか面白い。
    ★★★★ … とても面白い。佳作/秀作。エクセレント。
    ★★★★★ … 天晴れ。傑作。ブリリアント。

    「オススメ作品」は基本的に★★★☆以上。
    「絶対オススメしておきたい作品」には@RECOMMEND@マークがつきます。
    性格上の理由から、★評価は厳しくなりがちなので、★5つ作品はあまり出ないと思います。

    *2010年1月2日に書いた感想を加筆修正

    web拍手 by FC2
    -
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    08 10
    プロフィール

    秋林 瑞佳

    Author:秋林 瑞佳
    「あきりん・みずか」と読みます。
    (BLCD感想はジョセフィーヌ秋太夫が担当)

    風来のネットサーファーにして、
    ハンパない映画ギーク。
    そしてなにかと悩める電脳仔羊。

    気の向くまま、
    ネット場末で人知れず更新中の、
    BL感想&レビューブログです。

    >>ネタバレ上等<<
    なので、お気をつけ下さーい!

    リンクはご自由にどうぞ♪

    コメント欄にはURLが貼れません。
    (スパム回避のためです…)
    もしURLのご連絡がございましたら、
    お手数をおかけ致しますが
    メールフォームにてご一報下さい。

    ★ご注意★
    ネタバレ回避でテキストを折ることは(ほとんど)ありません。

    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム
    リンク
    QRコード
    QR
    QLOOKアクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。