スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    web拍手 by FC2

    松田美優 『夜空に煌めく星の下』 大洋図書 2009年 … ややリリカルに

    夜空に煌めく星の下 (SHYノベルス)夜空に煌めく星の下 (SHYノベルス)
    (2009/02/27)
    松田 美優 (挿絵:奈良 千春)

    商品詳細を見る

    SHYからデビューした松田美優さん、通算5冊目の作品。

    高校生の智鶴は、下級生の紗綾から告白されてなんとなく付き合い始めるが、彼女の家で出会った兄・秋成に心奪われる。ある日、智鶴は思いがけず秋成と体を繋いでしまい、紗綾に対する後ろめたい気持ちと秋成への思いとの間で板ばさみになっていく。そして秋成も智鶴を遠ざけようとするが――という、付き合っている相手の兄を好きになっていく高校生を主人公に据えた、一種の不倫ともいえるストーリー。

    松田さんといえば、ワーキングクラスのオラオラ兄ちゃん×小悪魔高校生で不条理っぽいストーリーを書いてくる作家。たとえ無体な鬼畜や禁忌が描かれていても、どよーんと沈ませたり心をキリキリ痛ませることはなく、逆に読み手のほうが「それでいいの?」と驚いてしまうくらいあっけらかんとしている。サブカル系のスノッブさも見られないので、嫌味に感じられない。BL界でこういう作家はほかにいない…と思う。

    ただBL長編として作品を読んだとき、「エピソードにブツ切れ感・心情と背景が掴みにくい・キャラ相関が希薄」という箇所が散見されるためか、デビュー作『赤い呪縛』以降にヒットがなかった。作家が自分の書きたいものを楽しんで書いているうちはいい(もちろん、生みの苦しみはあったと思う)、でも商業ベースに乗っかったBLとなれば、アンケートハガキやネットで批評や感想が読めるので、なにがセーフ(≒ウケて売れる)でなにがアウト(≒敬遠されて売れない)なのかがわかってくる――千差万別な好みを持つ読者を抱えていても、実は意外と狭いジャンルだということを、松田さんが意識し始めたらどうなるのかな…と思っていた。

    一読後のファーストインプレッションは、松田さんは狭いジャンルの中で模索している真っ最中なんだな、というもの。「夜空に煌めく星の下」というタイトルといい(素敵だと思う)、ストーリー、キャラの心情、背景など、以前よりリリックの効いた作品を意識的に書こうとしているなと感じる。

    智鶴の日常が淡々と描かれる中、秋成と紗綾の間で揺れる心情がせつなく語られていく。ズルイ男の子かもしれない、だけれども彼が紗綾に対し後ろめたい気持ちを抱いているのがよく伝わってくるので、憎めない。以前より一文がやや短めでリリカルになったせいなのか、智鶴と秋成のやりとりでは橘紅緒さんが書くような空気が流れている(でも橘さんのような不思議な透明感はない…ビコーズ松田さんだから)。

    …と、このように受はいいのだが、攻の秋成がなんだか中途半端な印象を受ける。今までの作品ならば、攻キャラはただのオラオラ兄ちゃんで終わっていて、キャラの背景や受を思う気持ちがイマイチ、もしくはサッパリわからなかった。だが本作の攻である秋成は、どんな過去を持っているのか、どういう家族構成で(しかもなにやら義母に思いがありそう、という伏線まであり)、どんな仕事をしていて、どう周りから評価されているのか…といった攻の背景が意外と見える。ここが今までと大きく違う点。ただ残念ながら、いろいろ書いているのに攻の葛藤があまり伝わってこないし、ふたりの禁忌となる紗綾は物分りよすぎで都合よすぎ、義母の伏線も効果ナシという、いままでの松田さん路線まんまなものだから、なんだか釣り合いが取れてない。このあたりにバランスを保たせることが、これからの松田美優作品の方向性を決める一番のポイントなのかもしれない。

    一方的に受が自責しているような話が展開していき、強引にハッピーエンドに持ち込んだと感じる。もし両者イーブンで恋を描きたいのならば、攻が葛藤している様子がどこかに欲しい。でも攻を描きすぎては松田さんの「禁忌を軽く越える」個性が薄くなってヌルく感じる。当て馬キャラを安易に登場させないあたり、これまた松田さんらしいのだけれど、もう少し立った脇キャラが出てきてもいいように感じる(ここが「ウケるBLが持つ要素」なのかもしれない)。

    本作はいつもの松田作品ではないが、新しい松田作品とはいい切れない。前向きに評するならば、松田さんに新たな魅力が加わるかもしれないという可能性と希望が感じられる――途上の追い風に乗った作品だろうし、後ろ向きに評するならば、個性が消えて凡庸になっていく――向かい風によるブレーキがかかってしまった作品だろう。でも、これからどう風を読んで帆を張って操舵するかは松田さん次第。松田さんの持つ個性は、唯一無二、貴重だと私は思っている。誰にも似ていない魅力を持ち続けて欲しい、でもやっぱり面白いものが読みたい。結局、読者である私も引き摺られるように悩んでしまった気がする。

    寡作でも、頑固一徹「オラオラにーちゃん×高校生」でも、構まわない。ヒゲだって攻略次第だと思う。
    次回作に期待。

    評価:★★★(…途上の1本、かな?)
    松田さんって、車がお好きなんだろうなあ。車が出てくると、文章がイキイキしてくる。そして車選びも上手い。シーマじゃなく、ちょっと古いクラウンだなんて「らしい」よなあ。『赤い呪縛』でも、攻のオラオラにーちゃんが乗ってる車が黒のサバーバンだったりして、その選択に他のBL作家にはないキラリとしたセンスを感じる。

    ZERO STARS … 論外/問題外作
    ★ … お好きな人はどうぞ。
    ★★ … つまらない。
    ★★★ … 退屈しない。なかなか面白い。
    ★★★★ … とても面白い。佳作/秀作。エクセレント。
    ★★★★★ … 天晴れ。傑作。ブリリアント。

    「オススメ作品」は基本的に★★★☆以上。
    「絶対オススメしておきたい作品」には@RECOMMEND@マークがつきます。
    性格上の理由から、★評価は厳しくなりがちなので、★5つ作品はあまり出ないと思います。

    *2009年3月15日に書いた感想を加筆修正

    スポンサーサイト
    web拍手 by FC2

    松田美優 『巧みな狙撃手』 大洋図書 2007年 … オタク臭皆無

    巧みな狙撃手 (SHY NOVELS 192)巧みな狙撃手 (SHY NOVELS 192)
    (2007/08/30)
    松田 美優

    商品詳細を見る

    ◆「巧みな狙撃手」リーマン×高校生
    表題作。早朝、いつものように犬を連れて森の中を歩いていた主人公(20代リーマン・職業SE)が、自家発電中の高校生をたまたま見つけ、その弱みを握って手ごめにするという、不道徳極まりない話。

    禁忌や背徳だけでなく不道徳の壁までヒョヒョイ!と飛び越えられるという、松田さんの身軽さには毎回感心する。素晴らしい。攻が「秘密を共有しよう」と受をそそのかして、「別に悪いことしてないもんねー俺たち」と和姦に持ち込む。そこに倫理はない。でも暴力もない。そのあたりが痛くならない理由か。主人公(攻)は遅刻しながらも会社へ行き、同僚にあっけらかーんと情事を話す。ノリは軽くても、頭の中はダークな姦計でいっぱい。ただ「巧みな狙撃手」というタイトルがもたつく。改題したほうが良かったような。

    ◆「甘美な試乗」自動車整備工×リーマン
    修理の終わった車を受取りに行った主人公が、担当整備工と試乗に出てみたら、いつの間にやら脱出不可能な場所に車を横付けされ、手ごめにされてしまう話。

    たしかにこれまた不道徳な話なんだけども、なぜか「ひどい!」と思わなかったその最大の理由は、松田作品なのに、攻は丁寧な言葉使いする意外とマトモな社会人で、店に出入りしていた受(こちらも意外とマトモなリーマン)のことがずっと好きだった、受も彼女はいるけど攻がいい男だったのでちょっと気になっていた――と、なにやら恋や愛の感じられる土台があったからである。そしてやっぱり暴力と痛みはない。しかもふたりは(松田作品なのに珍しく)大人同士。これは貴重だ、初めて好みに当たったぞー!…と喜んでいたら。

    車中でコトが終わって最初のひとことが――

    東堂(攻):「すみませんでした」
    本田(受):「……いえ」

    それで済むわけないやろーーーーーっ!!

    でもそれで済んでしまうのが松田作品(もはや免罪符)。

    脱出不可能な横付けシチュエーションもナルホド、こりゃ悪いヤツならしそうだなと思った。ただタイトルがヘンに固く、しっくりこない。それが残念。

    ◆「制裁」問題体育教師×高校生
    倫理観薄めなイマドキ高校生が、先生をからかっていたら、鬼畜な本性を出した先生に体育倉庫へ連れ込まれ、手ごめにされてしまう、タイトル通りな話。

    不道徳極まりない、見つかったら即タイホ!な高校教師(攻)は『不道徳な闇』の笹川に、受は『赤い呪縛』の日向に似ている。もしかしたらそれらのベースがこの作品だったのかも。惨いのに陰湿にならない、オタクっぽさが皆無なところは相変わらず素晴らしい。ぼや~っとしたエンディングは好みが分かれる。

    ◆「トモダチカンケイ」友人同志
    身体を繋ぎたがる攻と友だちに戻りたい受による、ただただヤリっぱなしな話。

    攻が受に飽きるときがくるのか。仮にそのときが来たとして、ふたりは友だちに戻れるのか。私はこのほとんどストーリーのない話に行間からせつなさを感じる。

    ◆「犬と餌」風俗店支配人ヤクザ×バイト
    仕事で失敗した受に制裁を加えるヤクザの話(『自己破壊願望』のベース?)。

    驚愕したことがひとつ。

    大麻が出てきた。キッチリ「大麻」と書かれてある。抱かれる報酬として毎回、受が攻から受け取り、自らの意思でハッパ吹かす。そしてそれが「逃げられない相手に恋愛感情を持ってしまって壊れていく自分への唯一の救い」だと受は思い、語る。BLではタブーかもしれないこの描写をよく許したと思う。

    ◆「死ぬほどキスしてくれ、ベイビー」フリーター×小悪魔
    ちょっとした好奇心から男の子に手を出してみたら、本気になってしまった攻(フリーター)の話。

    ほとんどヤリっぱなし。あいかわらず松田美優の描く攻は、倫理観のうすーいイマドキにーちゃんで、「……ヤラせてくれ」というストレートな物言いがとてもよく似合う。逆にそんなセリフがないと松田作品を読んだ気がしない。攻が手を出した男の子は攻の友人が好きだという設定なので、攻は完全に横恋慕なのだが、男の子も他の男が好きなのにアッサリ攻に抱かれてしまう。なんという節操のなさ。

    松田さんの十八番だと思われる作品なのだが、ここにきてようやく気付いた。攻と受の間には一種、体育会系的な関係とノリがある。だからなのか受が従順である。どんなに小悪魔でも手に負えない受は出てこないし、攻も受に多少の無理は強いても結局は優しい。だから痛くない。

    タイトルが素晴らしい。松田作品によく似合う。

    ◆「堕ちていく」義父(40代)×息子(高校生)
    男にしか興味のない高校生が、自ら仕掛けて母親の再婚相手(つまり義父)と関係を持ち、セックスで快楽を得ながら深みに嵌っていくという、いままでの作品とは明らかに一線が引かれた閉塞感のある背徳的な作品。

    「なーんだ体育会系じゃーん!」と気付いたあとに、いきなりこれである。

    朝、妻と寝ていたベッドで義理の息子を抱く義父――なんとも強烈な背徳ぶりだが、注目すべきは、攻の義父は穏やかな物腰の落ち着いた大人、受は大人びたシニカルな高校生だということ。ともに松田作品では異色のキャラであり、「そういうキャラも書くのか!」とちょっと嬉しくなった。

    閉塞感と背徳に満ちたふたりがタイトル通り「堕ちていく」1本。
    松田美優なので痛くない(ただし独特の冷たさがある)。

    ◆「掴み取れない」義父(40代)×息子(高校生)
    「堕ちていく」の続き。

    温厚に見えて実は冷ややかな義父と、大人びていてシニカルに物事を見がちな息子。身体の快楽のみ、そこに愛はない――そう割り切って始まった関係なのに、嫉妬という人間らしい感情が芽生えたことで次の局面を迎える。誘った息子が負け?勝ったのは義父?…はたして本当にそういえるのか――余韻を残してぼや~んと終わっていくので、よくわからない。ただこれはこれでいいように思える。ダークで不条理な話に、わかりやすいオチでめでたしめでたし♪というのは似合わないし、この内容ならば、読み手に結末を委ねていいと思う。

    総合評価:★★★☆(奈良画伯と一番相性がいいのは、今でも松田作品だと思っている)
    ご本人直筆で「ひたすらヤってます」(大洋図書HPのPOPより)とあっけらかーんと書かれてしまっては、もう下向いて「そうですかー…」としか云えない、マジで「ひとりエロとじv」状態の短編集だった。

    エロより印象が残ったのは、そのオタク臭のなさ。それはデビュー作から顕著であり、マネできないレベル、他の作家が同じような描写をしても松田さんのような雰囲気は出せないと思う。また松田さんが書く作品は起承転結がキッチリしておらず、一区切りの場面が繋げられたものなので、今まで読んだ長編はその区切りの繋がりが雑だったために場面場面でプツンと切れた印象があった。

    BLは起承転結のあるハッピーエンドな作品が求められる。松田さんのような一区切りで不条理を書いてくる作家や、そういう作品にはどうしても辛口評価がついてしまう。本作も密林では2つ星評価で「どの話も魅力なし」「全体にボヤ~ッとしている」と書かれてしまっていて、たぶん本も売れてない。私なんかは、「ヤってるだけ」だとしても、繋がりが雑な長編より本作のような短編のほうがいいと思うんだけどなあ。アンハッピーエンドな作品だって実は1本もないのに。ここまできたらもう好みの問題。私はホメたけど、たぶん理解不能な人は多いと思う。

    ZERO STARS … 論外/問題外作
    ★ … お好きな人はどうぞ。
    ★★ … つまらない。
    ★★★ … 退屈しない。なかなか面白い。
    ★★★★ … とても面白い。佳作/秀作。エクセレント。
    ★★★★★ … 天晴れ。傑作。ブリリアント。

    *2007年12月20日に書いた感想を大幅改稿

    web拍手 by FC2
    -
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    06 08
    プロフィール

    秋林 瑞佳

    Author:秋林 瑞佳
    「あきりん・みずか」と読みます。
    (BLCD感想はジョセフィーヌ秋太夫が担当)

    風来のネットサーファーにして、
    ハンパない映画ギーク。
    そしてなにかと悩める電脳仔羊。

    気の向くまま、
    ネット場末で人知れず更新中の、
    BL感想&レビューブログです。

    >>ネタバレ上等<<
    なので、お気をつけ下さーい!

    リンクはご自由にどうぞ♪

    コメント欄にはURLが貼れません。
    (スパム回避のためです…)
    もしURLのご連絡がございましたら、
    お手数をおかけ致しますが
    メールフォームにてご一報下さい。

    ★ご注意★
    ネタバレ回避でテキストを折ることは(ほとんど)ありません。

    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム
    リンク
    QRコード
    QR
    QLOOKアクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。