スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    web拍手 by FC2

    本間アキラ 『兎オトコ虎オトコ 2』 心交社 2010年 … そこで終わるかーっ!?

    兎オトコ虎オトコ 2 (ショコラコミックス)兎オトコ虎オトコ 2 (ショコラコミックス)
    (2010/05/29)
    本間 アキラ

    商品詳細を見る

    身体を差し出すかわりに病院から出ていってほしいと、野浪に取り引きをもちかけた卯月。気持ちを軽く扱われたことに野浪が傷ついていることに気づかず、卯月はそんな彼を置いて呼び出しに応じ、緊急オペに向かってしまう。次の日、取り引き不成立で食い下がられるだろうと考えていた卯月は、野浪にあっさりと「センセのことはどうでもよくなった」と言われる。言葉通りタカは退院していき、拍子抜けした卯月は、平穏になったはずの病院で野浪の姿を探して寂しさを募らせていくが──。


    現在話題の弱肉強食ラブ「兎虎」第2巻。出遅れてなるものかと早々に購入。

    恋愛に鈍感でタイミングがなっかなか合わないお医者さんと、そんなお医者さんをいつもの攻略で落とせないコワモテヤクザがどんどん本気になっていく――そんな姿が1巻よりも丁寧に描かれていたので、ふたりの気持ちがよくわかり、もどかしさで心がいっぱいになってしまった。

    タイミングが合わないのは、性格によるものだけでなく、ふたりの生きる世界が違いすぎることも原因として挙げられる。流されがちに見えるビクビク卯月が実はとっても堅実な医師だったり、カッコよくてセレブな経済ヤクザだと思っていた野浪が、いかにもヤクザでござーいな仕事をしたたかに統括していたりとか――それぞれの世界でともに抜けられないポジションにいることがわかるし、それだけ違う環境に身を置いていれば「そりゃ合わないわ」と思える。

    気持ちが本気になってくのは卯月のほうで、ようやくそれを自覚する最後の場面は感動的だった。ギリギリにならないとどうしても気付けないことは、誰にでもあることだろう。

    ただ「そこでかー!?」というところで終わるとはまったく思っていなかった。完全に意表を衝かれた。だからといってそれに怒る気は毛頭なく、逆に「早く続きを読ませてくれ!」という気持ちが煽られるからいいのだが…いったいいつ頃発売になるのだろう?

    兎と虎のラブの行方は3巻へ。

    @RECOMMEND@
    評価:★★★★★(シリアスとコミカルなエピソードの配分と間が絶妙。読んでいてとても楽しい!)
    今回、個人的に困っちゃったのはこれ↓の存在。
    DRAMATIC CD COLLECTION::兎オトコ虎オトコ1DRAMATIC CD COLLECTION::兎オトコ虎オトコ1
    (2010/03/25)
    (ドラマCD)

    商品詳細を見る

    原作の2巻が面白かったら買って聴こうかな?と思っていたら、原作は2巻で終わらないのにCDは2枚目で終わっているだなんて困るよーー! 2巻の続きを知りたいならCDで聴けるんだけど、先に原作で読んで知っておきたい気持ちもあるからで…むーん。「原作とCD、どっちが先?」で悩むとは思ってなかった。「そこで終わるかー!?」な引きなので、余計に悩む…。

    ZERO STARS … 論外/問題外作
    ★ … お好きな人はどうぞ。
    ★★ … つまらない。
    ★★★ … 退屈しない。なかなか面白い。
    ★★★★ … とても面白い。佳作/秀作。エクセレント。
    ★★★★★ … 天晴れ。傑作。ブリリアント。

    「オススメ作品」は基本的に★★★☆以上。
    「絶対オススメしておきたい作品」には@RECOMMEND@マークがつきます。
    性格上の理由から、★評価は厳しくなりがちなので、★5つ作品はあまり出ないと思います。

    *2010年6月13日に書いた感想を加筆修正
    スポンサーサイト
    web拍手 by FC2

    本間アキラ 『兎オトコ虎オトコ 1』 心交社 2009年 … 兎追ひし、かの虎チャン

    兎オトコ虎オトコ 1 (ショコラコミックス)兎オトコ虎オトコ 1 (ショコラコミックス)
    (2009/08/28)
    本間 アキラ

    商品詳細を見る

    大学病院に勤務する医師の卯月は、ある夜、成り行きから銃創を負ったヤクザの野浪を助ける。次の日、病院に現れた野浪に、銃創を見られたことを口封じにきたのではないかと恐れる卯月。しかし、野浪はそのとき名乗った卯月を「スズキ」という女性だと勘違いしており、その女性に惚れたからと舎弟を強引に入院させ、院内で「スズキ」捜しを始めるが──。兎似の臆病なお医者様と虎の彫り物のある強面ヤクザとの弱肉強食ラブ。


    ショコラ系から単行本が数冊出ている本間アキラさんの話題作。

    背中に虎を背負ったコワモテヤクザ(攻)が、総合病院に勤務する外科医(受)と出会い、思いがけずフォーリンラブ。言葉遣いや所作が乱暴な攻に、小心者な受は終始ビクつき、またその生来の間の悪さから怒鳴られっぱなしの毎日を送っている。ラブ以前に共存すらありえないと思われたふたりだったが、次第にその距離が狭まっていく。やがて受も攻を気にし出すが、実は攻はヤクザ社会の大物で命が狙われている身だった…というまるで虎と兔なふたりの恋とヤクザたちの跡目争いを同時進行で描いた作品。

    タイミングが悪い人は多いが、このふたりに関しては顕著で、互いの間の悪さから次々起こるチグハグなやりとりが笑える。あんな顔して「めんぼう」と云われたら、そりゃ怖いだろう。受がビクつくのもよくわかる。たまに作画的に兔と虎になるのだが、その姿がこれまた超キュートで心が癒されるし、切れ者な攻が垣間見せる間抜けぶりや思いがけない優しさはギャップがあって、読んでいるうちに好感度も高くなる。

    いままでの本間さんだったら、ヤクザ社会の跡目争いをメインに話を展開させていったのに、本作はちょっと違っていて…とゆーか、別の魅力がプラスされたという感じがする。

    兔オトコと虎オトコによる不器用ラブの行方は?――大量描き下ろし有の2巻が楽しみである。

    評価:★★★★(綿棒をマッチ棒代わりするのか〜ナルホド)
    「作画・ストーリーとも上手い。これでもうちょい垢抜けて、わかりやすい萌えと可愛らしさが出てくれば、間口が広がってすっごく売れるんじゃ?」と、この数年ずっと思い続けていたらば、とうとうこの作品で大ブレイク。本間さん、おめでとうございます♪

    ZERO STARS … 論外/問題外作
    ★ … お好きな人はどうぞ。
    ★★ … つまらない。
    ★★★ … 退屈しない。なかなか面白い。
    ★★★★ … とても面白い。佳作/秀作。エクセレント。
    ★★★★★ … 天晴れ。傑作。ブリリアント。

    「オススメ作品」は基本的に★★★☆以上。
    「絶対オススメしておきたい作品」には@RECOMMEND@マークがつきます。
    性格上の理由から、★評価は厳しくなりがちなので、★5つ作品はあまり出ないと思います。

    *2010年3月14日に書いた感想を加筆修正

    web拍手 by FC2
    -
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    08 10
    プロフィール

    秋林 瑞佳

    Author:秋林 瑞佳
    「あきりん・みずか」と読みます。
    (BLCD感想はジョセフィーヌ秋太夫が担当)

    風来のネットサーファーにして、
    ハンパない映画ギーク。
    そしてなにかと悩める電脳仔羊。

    気の向くまま、
    ネット場末で人知れず更新中の、
    BL感想&レビューブログです。

    >>ネタバレ上等<<
    なので、お気をつけ下さーい!

    リンクはご自由にどうぞ♪

    コメント欄にはURLが貼れません。
    (スパム回避のためです…)
    もしURLのご連絡がございましたら、
    お手数をおかけ致しますが
    メールフォームにてご一報下さい。

    ★ご注意★
    ネタバレ回避でテキストを折ることは(ほとんど)ありません。

    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム
    リンク
    QRコード
    QR
    QLOOKアクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。