スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    web拍手 by FC2

    寿たらこ 『SEX PISTOLS 6』 リブレ出版 2010年 … 鬱々とヒエラルキー

    SEX PISTOLS 6 (スーパービーボーイコミックス)SEX PISTOLS 6 (スーパービーボーイコミックス)
    (2010/10/09)
    寿 たらこ

    商品詳細を見る


    ノリ夫と国政、委員長と米国、そしてその他の斑類たちの恋の行方が気になる「セクピス」――やっと話がたまって発売となった第6巻。

    本誌で連載を追っかけていないため、6巻はどのカップルのどのラブストーリーがメインになっているのかな〜?と軽い気持ちで読み出したら、権力だの階級だの支配だのと、人間社会よりも格差が大きくてしんどそうな斑類のヒエラルキーが鬱々と描かれ、いきなりシリアスな局面をむかえていたので驚いた。真打・人魚様が初登場、そしてまさかの志信さん…そんな重要なキャラだったとは。

    6巻まで読んでみて思ったのは、ヒエラルキーや種の存続に縛られても「個」はある――「セクピス」に出てくる斑類はそのジレンマが大きいのだということ。人間より生きにくそうである。

    のりりんの目線が読み手と同じ高さにあるので、斑類がどれだけ人間(サル)とは違う感覚を持ち合わせている種なのかよく伝わってくるし、彼の抱える将来に対する不安や悩み、疑問もよくわかる。今のところ、斑類と対比のための存在といった役割ののりりんだが、元は人間だった「先祖返り」なので、実は登場キャラの中で一番複雑な立場にいる。彼の明るい笑顔をずっと見ることができる未来が待っているといいのだが…さてどうなる?

    読了後の気分を例えて云うなら、「お気軽にマトリックスの続編を観に行ったら、思いがけず難しくなっていて困惑。オラクルとアーキテクトの話についていけないまま本編が終了してしまい、放心ポカーン状態」という感じ。本編の前後に挿入されている短編3本で、なんとか萌えの気持ちが萎えずに済んだという人は多そう。

    ところで。のりりんのお友だち「はじめくん」って、連載の最初からいたっけ?…あれ? …ペンと紙と付箋は?

    評価:★★★☆(表紙と本編の内容が1巻ずつズレ続けて6巻目)
    リブレは「萌えとラブ重視のポップなレーベル」という印象が強いけれど、青磁ビブロス時代からアーバンファンタジーやSci-Fi、サイバーパンクっぽいBLを描く作家を数多く世に輩出してきたアヴァンギャルドなレーベルでもあるので、意欲的な出版社だなあと思う。

    ZERO STARS … 論外/問題外作
    ★ … お好きな人はどうぞ。
    ★★ … つまらない。
    ★★★ … 退屈しない。なかなか面白い。
    ★★★★ … とても面白い。佳作/秀作。エクセレント。
    ★★★★★ … 天晴れ。傑作。ブリリアント。

    「オススメ作品」は基本的に★★★☆以上。
    「絶対オススメしておきたい作品」には@RECOMMEND@マークがつきます。
    性格上の理由から、★評価は厳しくなりがちなので、★5つ作品はあまり出ないと思います。

    *2010年10月28日に書いた感想を加筆修正
    スポンサーサイト

    Continue Reading

    web拍手 by FC2

    寿たらこ 『NATURAL DOGGY’S DIARY』 芳文社 2010年 … 受争奪戦

    NATURAL DOGGY’S DIARY (花音コミックス Cita Citaシリーズ)NATURAL DOGGY’S DIARY (花音コミックス Cita Citaシリーズ)
    (2010/02/27)
    寿 たらこ

    商品詳細を見る

    専門学校生の花咲 椿は、3人兄弟の末っ子。時々長男の冬時の経営する動物病院で受付のバイトをしています。最近、奥手の椿に気になる人が出現! それは、フレンチブルドッグの飼い主さんで高校生の妙典忠義くん。だけど、彼は気持ちは椿の兄・桜に傾いているみたい。落ち込む椿を今度は忠義の兄・正義が口説き始めて…!? TARACOワールド炸裂★百花繚乱・美形兄弟たちの恋の行方は?


    リブレ以外から久しぶりに出た、寿たらこの新刊。

    寿たらこは描写が足りないのではなく、基本「説明はコマの中にあるよ。だからしっかり読んでね☆」な作風なので、ぼけーっと読みながしているとキャラ相関がぶっと飛んで「あれ?」とついていけなくなったりする。SFやファンタジー要素のない、一見ほのぼのな作品だろうとそれは同じ。油断はできん!…とゆーわけで、すぐ脳内リロードできるよう、ペンと紙と付箋を用意して読み出したのだが、思ってた以上に色男がいっぱい出てきたものだから、補記することをすっかり忘れてしまった。

    内容を端的に云えば、和洋どちらかハッキリした顔立ちでガタイのいい色男(攻)がわんさか出てきて、自分の魅力に気づいていない(そしてとっても健気な)受を落とそうと、個性豊かに牽制し合うという「恋の鞘当てinTARACOワールド」な話で、「たらこベーシック」ともいえる王道路線だった。

    あらすじを読めば、だれがだれを好きで〜というのがある程度わかるのだが、個人的に予想外だったのは次男・桜ちゃん。あれだけ可憐に登場したとゆーのに、1巻終わる頃には「だれ?この人」。見た目も性格もたいへんな男前に変貌していた。そんな桜ちゃん…まさか弟が好きだったとは。  

    だれがだれとどうくっつくのか、まだわからない。主人公以外の別カップルも登場して欲しいな〜と願ったりしているのだが、それよりもなによりもまずはコンスタントに単行本が出て欲しい、実はそれが一番の願いだったりする。たらこーっ!このペースで頼むー!

    評価:★★★☆(ちなみに秋林のお気に入りは「仏恥義理!夜露死苦!」な桜ちゃん)
    「花咲長男・次男は実の兄弟(ガイジン)で、三男の椿ちゃん(ジャパニーズ)は血の繋がりがない。正義と忠義は和洋ハーフ」でおっけーでしょーか? …ペンと紙と付箋は?

    ZERO STARS … 論外/問題外作
    ★ … お好きな人はどうぞ。
    ★★ … つまらない。
    ★★★ … 退屈しない。なかなか面白い。
    ★★★★ … とても面白い。佳作/秀作。エクセレント。
    ★★★★★ … 天晴れ。傑作。ブリリアント。

    「オススメ作品」は基本的に★★★☆以上。
    「絶対オススメしておきたい作品」には@RECOMMEND@マークがつきます。
    性格上の理由から、★評価は厳しくなりがちなので、★5つ作品はあまり出ないと思います。

    *2010年3月19日に書いた感想を加筆修正
    web拍手 by FC2
    -
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    05 07
    プロフィール

    秋林 瑞佳

    Author:秋林 瑞佳
    「あきりん・みずか」と読みます。
    (BLCD感想はジョセフィーヌ秋太夫が担当)

    風来のネットサーファーにして、
    ハンパない映画ギーク。
    そしてなにかと悩める電脳仔羊。

    気の向くまま、
    ネット場末で人知れず更新中の、
    BL感想&レビューブログです。

    >>ネタバレ上等<<
    なので、お気をつけ下さーい!

    リンクはご自由にどうぞ♪

    コメント欄にはURLが貼れません。
    (スパム回避のためです…)
    もしURLのご連絡がございましたら、
    お手数をおかけ致しますが
    メールフォームにてご一報下さい。

    ★ご注意★
    ネタバレ回避でテキストを折ることは(ほとんど)ありません。

    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム
    リンク
    QRコード
    QR
    QLOOKアクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。